出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

米、対日で農業分野先行要求
TPPで不利、関税引き下げを

 ライトハイザー米通商代表(ロイター=共同)
 ライトハイザー米通商代表(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は18日、対日貿易交渉に関し、農業分野を先行して取り組むことを要求した。離脱した環太平洋連携協定(TPP)発効で競合国と比べて不利な現状を「受け入れられない」と主張。米農産品の競争力低下に危機感を示し、早期の関税引き下げを促した。

 米国は牛肉や豚肉など農業分野でTPP水準を求めているのに対し、日本は米国が難色を示す工業製品の関税撤廃を求めている。今後の協議で妥協点を見いだせるかが焦点となる。

 ライトハイザー氏は議会公聴会で「特に農業を含めた2、3の分野を早期に扱うことを提案している」と述べた。

【 2019年06月19日 05時31分 】

ニュース写真

  •  ライトハイザー米通商代表(ロイター=共同)
  •  米議会で証言するライトハイザー通商代表=18日、ワシントン(AP=共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース