出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

町家にハードロックカフェ 京都に初出店、12日オープン

12日に開店するハードロックカフェ京都の外観(京都市東山区)
12日に開店するハードロックカフェ京都の外観(京都市東山区)

 ロックを聴きながら米国の料理を楽しむレストラン「ハードロックカフェ京都」が12日、京都市東山区新橋通大和大路東入ルに開店する。観光スポットの巽橋の近くで町家の外観を持つ店舗とし、京都には初出店となる。

 ハードロックカフェは世界75カ国に、カフェやホテルなど計200店舗以上を展開する飲食チェーン。国内では物販を含め、東京や大阪などに8店舗がある。

 店舗は祇園新橋伝統的建造物群保存地区にあり、10日に報道陣向けの内覧会があった。木造2階建ての元料亭の外観を生かして改装した。店舗面積は約260平方メートル、客席は85席。バーカウンターがある店内には、世界のミュージシャンが使用した衣装や楽器を展示。本場米国のハンバーガーをはじめ、味噌とわさびを使ったハンバーガーや京野菜のすしなど京都店だけのメニューも提供。京扇子や手ぬぐいなど、京都の老舗が作ったオリジナルグッズやTシャツなども販売する。

 営業時間は午前11時~午後11時。無休。

【 2019年07月10日 21時16分 】

ニュース写真

  • 12日に開店するハードロックカフェ京都の外観(京都市東山区)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース