出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「餃子の王将」出前拡大 京都含む11都道府県の30店舗で

 「餃子の王将」を展開する王将フードサービスは東京や大阪の一部で導入していた出前サービスを、1日から新たに11都道府県の30店舗で実施し、計33店舗に拡大する。10月の消費増税を見据え、軽減税率が適用される出前に注力する。

 出前サービスは、高齢化や女性の社会進出を背景に2017年11月に東京都内の1店舗で開始。昨年から東京と大阪の計3店舗に増やし、注文が伸びているという。消費増税でさらに需要が拡大するとみて、実施店を全国に広げる。

 導入するのは、北海道、宮城、埼玉、東京、神奈川、愛知、京都、大阪、兵庫、奈良、福岡の店舗。京都では京都東インター店(京都市山科区)が対応する。

 これまで同様、宅配サイト「出前館」を運営する夢の街創造委員会(大阪市)と提携。出前館か王将フードサービスのホームページで注文すれば、新聞販売店などが配達する「シェアリングデリバリー」で配達される。

 今後も出前対応店舗を順次拡大する予定。

【 2019年08月01日 00時10分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース