出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

マグロ漁獲枠の拡大を再提案
水産庁、9月に米で国際会議

 鳥取県の境港で水揚げされるクロマグロ=5月
 鳥取県の境港で水揚げされるクロマグロ=5月

 水産庁は2日、高級すしネタとして人気の太平洋クロマグロについて、9月に米国で開かれる国際会議に漁獲枠の拡大を提案したと発表した。昨年は資源枯渇を懸念する米国などの反対で物別れに終わったが、再提案で実現を目指す。昨年の提案より資源減少への影響が大きいとされる小型魚の増枠要求を抑え、各国の理解を得たい考えだ。

 30キロ以上の大型魚で20%、30キロ未満の小型魚で10%の拡大を提案した。日本や米国、韓国、台湾など10カ国・地域で構成する中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の北小委員会で9月3~6日に議論する。

【 2019年08月02日 19時26分 】

ニュース写真

  •  鳥取県の境港で水揚げされるクロマグロ=5月
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース