出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

友禅染め体験できるホテル開業へ 京都の染色会社

「繭 グレイスホテル」のデラックスルーム
「繭 グレイスホテル」のデラックスルーム

 京友禅を手掛ける西村工芸染色(京都市中京区)は5日、二条城(同区)近くで29日に開業する宿泊施設「繭(まゆ) グレイスホテル」を公開した。本業の伝統工芸を生かし、京友禅染めなどの文化体験サービスを宿泊者に提供する。

 同社の工房などが立地していた小川通御池下ルの敷地を開発した。市内で複数のホテルを手掛ける出版社のリーフ・パブリケーションズ(同区)が運営を担う。

 5階建てで延べ1190平方メートル。客室は約50平方メートルの「デラックス」8室と約35平方メートルの「スーペリアルダブル」14室の計22室で、宿泊料金は平均1室2万円程度を見込む。1週間以上の長期滞在にも対応し、各部屋にミニキッチンを備える。

 西村工芸染色は、ホテル近くの京友禅体験工房と連携し、ホテル内で宿泊者向けの京友禅染めなど伝統工芸・文化の体験サービスを計画。「他のホテルと違って自分たちにしかできないことに力を入れ、京友禅や伝統文化を楽しんでもらいたい」としている。

【 2019年08月05日 21時32分 】

ニュース写真

  • 「繭 グレイスホテル」のデラックスルーム
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース