出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

新郎新婦が「寸劇披露」斬新な結婚式、女子大生が企画提案

シンデレラの物語を基にした寸劇を披露する学生ら(滋賀県草津市西大路町・ホテルボストンプラザ草津)
シンデレラの物語を基にした寸劇を披露する学生ら(滋賀県草津市西大路町・ホテルボストンプラザ草津)

 滋賀県草津市西大路町のホテルボストンプラザ草津と、京都光華女子大短期大学部(京都市右京区)の学生たちが共同企画したブライダルフェアが10日、同ホテルで開かれた。結婚を控えたカップルを前に、新郎新婦が寸劇を披露して盛り上げる結婚式のスタイルを、学生らが提案した。

 昨年に続き、2回目の開催となった。寸劇は、ブライダルを学ぶ短期大学部ライフデザイン学科の学生らが、シンデレラの物語を基に考案。「この靴が合う女性はいますか」と、新郎役の同ホテル社員が結婚式に参列した女性たちに次々に呼び掛け、ガラスの靴を履かせようとした。学生が扮(ふん)した新婦役が靴の持ち主と分かり、「プリンセスになって下さい」とプロポーズ。2人は来場者の祝福を受けた。

 同ホテルで結婚式を予定しているカップル約10組や学生の保護者ら計40人が参列者として参加し、楽しんだ。考案者の2年の女子学生(20)=京都市右京区=は「参列者が一緒に楽しめるよう工夫した」と話す。

 留学生によるネパールの結婚式の紹介や、学生のウェデングドレスショーもあった。

【 2019年08月12日 20時00分 】

ニュース写真

  • シンデレラの物語を基にした寸劇を披露する学生ら(滋賀県草津市西大路町・ホテルボストンプラザ草津)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース