出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

オムロンやドコモが5G活用、工場で実証実験開始へ

5Gを活用した実証実験に向けて記者説明会を開いたオムロン、ドコモ、ノキアの担当者(東京都内)
5Gを活用した実証実験に向けて記者説明会を開いたオムロン、ドコモ、ノキアの担当者(東京都内)

 オムロンは10日、NTTドコモ、ノキアグループと共同で、第5世代(5G)移動通信システムを活用した製造現場での実証実験を行うと発表した。高速大容量通信など5Gの特長を生かし、生産ラインの柔軟な変更や、作業者の早期習熟を実現したい考え。年内に内容を具体化し、早期実施を目指す。

 実験は工場自動化(FA)機器を製造するオムロンの草津工場(滋賀県草津市)で行われる見込み。ノキアは基地局など通信設備を提供し、ドコモは実験用の周波数免許の取得を含め、技術面でサポートする。

 想定では、5Gの無線通信やオムロンの自動搬送ロボットを組み合わせ、需要の変動に合わせて生産ラインのレイアウトを自由に変更できる効率的な搬送システムを構築する。

 さらに工場で働く作業者の動きを撮影し、映像データを人工知能(AI)で解析。熟練者との違いを示し、早期の習熟につなげる「リアルタイムコーチング」の実現も目指す。

 製造業ではすでにIoT(モノのインターネット)による生産性の向上が進められており、ノキアベル研究所などの分析によると、5Gを活用した工場向けのIoT市場は今後130兆~400兆円規模に成長すると予想される。

 一方で工場に5Gを導入した場合には、人と物の頻繁な移動や、工場に多くある金属類、機器から生じるノイズが無線通信に影響を及ぼす懸念が残る。3社は安定した通信の実現に向け、実験を通じてこうした課題を検証していく。

 11月には第1弾として、東京ビッグサイト(東京都)で開かれる産業機器の展示会で取り組みをアピールする。3社は10日、都内で記者説明会を開き、オムロンの福井信二技術開発本部長が「5Gを使うことで自動化はもっと進化できる」と語った。

【 2019年09月10日 20時03分 】

ニュース写真

  • 5Gを活用した実証実験に向けて記者説明会を開いたオムロン、ドコモ、ノキアの担当者(東京都内)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース