出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

常勤講師「結婚できない」 京都、教員の12人に1人

 京都府内の小中学校で担任など重要業務を担う教員の12人に1人が非正規の常勤講師-。「来年度の雇用を考えると管理職に意見が言えない」「待遇が低く結婚できない」。8月中旬、京都市内のホテルで、長期にわたって常勤講師として働く教員たちが全国から参加する集会があり、苦しい胸の内を明かした。

 京都市の30代男性は、10年近く常勤講師として働いてきたが、数年前の年度末、管理職に業務の改善点を指摘したところ、「4月から雇用継続できない」と一方的に言われた。理由は明かされなかった。男性は「担任をし、学級運営に問題もなかった。それまでは不満があっても言わないようにしていた。学校が良くなればとの思いだったが、それが『切られた』原因だったら悔しい」と憤る。現在は、他の自治体で講師として働いているという。

 長野県の40代男性は毎年採用試験を受けているが合格せず、常勤講師として20年近く働く。副担任で、部活指導も行うが、給与が少なく貯金もわずかで、結婚していない。教員の仕事にはやりがいを感じているが「正規教員(教諭)ではないと分かると、生徒や保護者の信頼を失うのではといつもびくびくしている」と切実な状況を語った。参加者からは「教諭から同僚と見なされているのか不安」との声もあった。

 府・京都市教委によると、府内で講師歴20年を超える人は少なくとも55人いる。担任や教科指導を担い、正規教員と同様に働くが、給与や一時金は正規より少なく、勤続年数が上がれば上がるほど差が広がる。都道府県によっては昇級に上限があり、何年働いても給与が上がらないという。退職手当も勤続年数に応じた支給はない。香川県の40代男性は「経験が長くなるほど、責任と負担は教諭と同様に重くなるが、給料は差が開く。この仕事が好きなので続けているが、心を強く持たないとつぶれそう」と声を落とした。

【 2017年09月03日 21時40分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      福知山露店爆発、第三者委設置を否定 実行委が会見

      20180815000175

       京都府福知山市の花火大会露店爆発事故から5年を迎えた15日、地元商工会議所や市などでつ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バスケ女子の南北合同チーム白星
      アジア大会、インドネシア戦

      20180815000179

       【ジャカルタ共同】ジャカルタ・アジア大会の3競技で結成される北朝鮮と韓国の南北合同チー..... [ 記事へ ]

      経済

      丹後ちりめんにロゴ 織工組など、創業300年前に

      20180815000146

       丹後織物工業組合や京都府、府北部の市町でつくる「丹後ちりめん創業300年事業実行委員会..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      小雨の闇夜に炎舞う 京都で「花背の松上げ」

      20180815000213

       闇夜に炎が舞う「花背の松上げ」が15日夜、京都市左京区花背八桝町で行われた。小雨が降る..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      環境省、放射性物質の汚染土紛失
      11年に宅配後保管

      20180814000090

       環境省は14日、東京電力福島第1原発事故後の2011年11月に宅配便で送付され、省内で..... [ 記事へ ]

      国際

      イタリアの橋崩落、死者39人に
      運輸相「管理会社に問題」

      20180815000156

       【ジェノバ共同】イタリア北部ジェノバで高速道路の高架橋が崩落し多数の死傷者が出た事故で..... [ 記事へ ]