出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

骨の難病男性「ここまで早く」 京大、iPSで薬候補治験

投与に備えて、医師の診察を受ける山本育海さん=5日、京都市左京区・京都大医学部付属病院 代表撮影
投与に備えて、医師の診察を受ける山本育海さん=5日、京都市左京区・京都大医学部付属病院 代表撮影

 筋肉の中に骨ができる希少難病の患者で、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って見つかった薬候補の臨床試験(治験)に参加する山本育海さん(19)が5日、京都市左京区の京都大医学部付属病院で会見した。治験はまだ研究段階と強調しつつ、「ここまで早く実施してくれた先生方に感謝したい」と語った。

 希少難病「進行性骨化性線維異形成症(FOP)」の患者は全国で約80人とされるが、有効な治療法はない。京大の研究チームは山本さんら患者の細胞から作ったiPS細胞での実験を通し、免疫抑制剤などに使われる「ラパマイシン」が、FOPの進行を抑える可能性があるとの研究結果を8月に発表した。薬として国の承認を得るのに必要な治験に参加する患者の登録を9月から始めた。iPS細胞を活用した薬の治験は世界初とみられる。

 治験は6歳以上60歳未満が対象で、京大以外でも実施して計20人が参加する計画。「ラパマイシン」と偽薬のいずれかを約6カ月投与し、日常生活に必要な身体機能について評価。安全性と有効性を確認する。

 山本さんはこの日、投与する前の確認として、首や手首など関節の動きについて医師の診察を受けた。

【 2017年10月05日 22時40分 】

ニュース写真

  • 投与に備えて、医師の診察を受ける山本育海さん=5日、京都市左京区・京都大医学部付属病院 代表撮影
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      「お母さん、おる?」福知山露店爆発5年、思い出す最期の言葉

      20180815000048

       3人が死亡、55人が重軽傷を負った京都府福知山市の露店爆発事故は15日、発生から5年を..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ザルツの南野、途中出場でゴール
      サッカーCL最終予選へ

      20180815000032

       サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦は14日、各地でホームアンドアウェ..... [ 記事へ ]

      経済

      日ペルー、TPP早期発効へ連携
      リマで外相会談

      20180815000020

       【リマ共同】河野太郎外相は14日、ペルーの首都リマでポポリシオ外相と会談し、日本とペル..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      豪快6千発の花火、夜空彩る 京都南丹市花火大会

      20180815000039

       京都南丹市花火大会が14日、同市八木町の大堰橋一帯で開かれた。昨年よりも約1千発多い約..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      環境省、放射性物質の汚染土紛失
      11年に宅配後保管

      20180814000090

       環境省は14日、東京電力福島第1原発事故後の2011年11月に宅配便で送付され、省内で..... [ 記事へ ]

      国際

      米聖職者、未成年千人を虐待
      50年代から、組織的隠蔽も

      20180815000021

       【ニューヨーク共同】米東部ペンシルベニア州の司法当局は14日、同州でカトリック聖職者少..... [ 記事へ ]