出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

パラ水泳・木村選手「思い切りやって」 滋賀、母校で講演

母校でパラリンピックから学んだことについて話す木村敬一選手(滋賀県彦根市西今町・県立盲学校)
母校でパラリンピックから学んだことについて話す木村敬一選手(滋賀県彦根市西今町・県立盲学校)

 パラリンピック競泳で計6個のメダルを獲得した滋賀県栗東市出身の木村敬一選手(27)=東京ガス=が10日、母校の県立盲学校(彦根市西今町)を訪れ、「パラリンピックから学んだこと」と題して講演した。「母校は懐かしいし、戻って来ることができてうれしい」と笑顔で話した。

 来年、同校が創立110年を迎えることを記念し、彦根ロータリークラブが主催した。木村選手は幼稚部から同校に通い、2003年に小学部を卒業するまで在籍。北京、ロンドン、リオデジャネイロ大会に出場し、銀と銅メダルをそれぞれ3個獲得している。

 木村選手はまず、前日出席した園遊会について「陛下からお疲れさまでした、と声を掛けられた」と紹介。小学部時代から体を動かすことが好きで、母の勧めがあり、彦根で水泳を始めたと振り返った。東京の中学、一般の大学への進学という挑戦のたびに「不安だった」と胸の内を明かした。

 リオで「金を取れなかった悔しい気持ちは今もある。ただ、大会までの4年間と大会期間中、闘い切ったことは大きな自信になった。その自信を糧にして今後の人生を歩んでいきたい」と決意を語り、後輩たちに「何か一つ、思い切りやってみることが時には必要」と語りかけた。

 講演終了後は、同クラブから贈られたハナミズキの苗樹を、生徒会長や校長らと記念植樹した。

【 2017年11月11日 11時30分 】

ニュース写真

  • 母校でパラリンピックから学んだことについて話す木村敬一選手(滋賀県彦根市西今町・県立盲学校)
  • 母校の正門前に、生徒会長や校長らと記念植樹する木村選手(右)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      人生ゲーム、初の全国大会
      発売50周年記念、115人参加

      20180922000111

       日本一の強運は誰だ―。タカラトミーは22日、人気商品「人生ゲーム」の発売50周年を記念..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      フィギュア紀平、シニア初戦でV
      オンドレイ・ネペラ杯

      20180923000011

       フィギュアスケートの国際大会のオンドレイ・ネペラ杯は22日、スロバキアのブラチスラバで..... [ 記事へ ]

      経済

      鴨川沿い「鮒鶴」でチョコイベント 「夏のなごり」テーマに

      20180922000086

       洋菓子製造販売のマールブランシュを運営するロマンライフ(京都市山科区)は25日午後5時..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      多様な性、見て考えて 関西クィア映画祭開幕、京都は10月

      20180922000061

       性をテーマに国内外の作品を集めた「関西クィア映画祭」(実行委主催)が22日に大阪府豊中..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      政府、遺伝子治療の実用化推進
      研究支援や規制緩和で

      20180922000109

       政府は22日までに、欧米でがんや難病の新しい治療薬として承認される例が相次いでいる遺伝..... [ 記事へ ]

      国際

      告発女性、議会証言に同意
      最高裁判事の性的暴力疑惑

      20180923000014

       【ワシントン共同】米連邦最高裁判事に指名されたブレット・カバノー氏から性的暴力を受けた..... [ 記事へ ]