出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

米軍、半数以上持ち去りか <見つかった被爆者資料>

原爆投下から約1カ月までの広島で調査した京都帝国大調査班の論文。骨髄組織標本などを病理学教室の故天野重安助教授らが分析している
原爆投下から約1カ月までの広島で調査した京都帝国大調査班の論文。骨髄組織標本などを病理学教室の故天野重安助教授らが分析している

 1945年。多くの広島・長崎の人たちが原爆症に苦しみ、次々に亡くなっていく惨状の中で京都帝国大が行った調査資料を、米軍は被爆者の医療に還元せず持ち去り、論文発表も禁じた。原爆投下が米国による人体実験だったのか、提出にどのような強制があったのか。立場が異なる3者が遭遇した京都の45年12月を、それぞれの戦後の証言からたどる。

 薄いピンク色をした組織片。米軍医が占領下の日本の大学から被爆者の生体試料を持ち去り、論文に写真掲載されている。ガラスのプレパラートに保存された臓器、骨髄などの標本。今の京都大は「存在しない」という。京大は屈せず守ったものの戦後70年以上のある時期に破棄されたのか、それとも米軍に渡したのか。

 昨年9月の広島市。市中心部の比治山を登ると、まだセミが鳴いていた。比治山には被爆者を慰霊する碑が立つ。山を下り、広島大・原爆放射線医科学研究所(原医研)を訪ねた。

 ここに、二つの京都帝国大原爆調査班の資料群があることを教えられた。

 一つは、米軍が「日米合同調査」の名で日本の各大学から「戦利品」同然に持ち去り、1973年に日本に返還された写真やカルテなど2万点以上の膨大な米陸軍病理学研究所(AFIP)資料の中。

 「広島のものは広島に。長崎のものは長崎に」との返還時の原則により、被爆者の病理標本が広島大に約千点、長崎医大には約600点ある。

 もう一つは、80年に京都大医学部から移管された1500例以上の診療記録だ。こちらは病理標本を含まず、京大班が拠点とした牛田(広島市)と大野地区(広島県廿日市市)で白血球数などを検診した手書きの調査票。なぜ京大が手放したのか、広島大側では経緯が不明という。

 両資料は現在、アーカイブ化が進められている。被爆者の生体試料と京大による投下直後の被爆者調査の結果は、原爆投下73年になる今だからこそ貴重だと、原医研付属被ばく資料調査解析部の久保田明子助教は訴える。

 「被爆者の生体試料は、最新の技術による解析で新たな光を医学にもたらすかもしれない。被爆者を二度と出さないために、歴史的意義も大きい。特に京大は広島に原爆投下直後から、物理学者と入って原爆だと認識し、同じ地区で継続調査した。生体試料と調査票、地理情報などを結びつけて解析すれば、新たな疫学的知見が開けるかもしれない」

 広島や長崎にある被爆者の生体試料は、DNAなどが劣化しないよう、ホルマリン処理など半世紀前の保存方法を見直す必要に迫られている。データベース化する上で、遺伝情報を含めた公開の範囲など難しい課題もある。広島の「京大資料」は、半世紀以上の眠りから覚めて、活用の方法が探られつつある。

 京都帝大医学部の天野重安助教授や東京帝国大から、被爆者資料を持ち去った米軍医アベリル・リーボウが、イエール大教授として49年に発表した論文には、解剖した被爆者に番号が付されている。京都に帰って報道部で、リーボウ論文、広島大のAFIP資料のデータを表計算ソフトに入力し、京大論文記載の25例と照合してみた。

 爆心地からの距離、死亡日と解剖した場所、年齢や性別が手掛かりだ。米国、京都、広島に一度は、ばらばらに分散した資料。英文と日本語が混在し手間こそかかるが、難しい作業ではない。

 AFIP資料のうち、京大班が45年8~9月に解剖した25例と合致するのは15例(男7、女8)であることが判明した。場所別でみると牛田国民学校の11例を米軍が持ち去っている。台風で被災し調査が中断した大野陸軍病院からは4例と、やはり少ない。

 京大が全資料を米に引き渡した可能性は乏しいが、少なくとも半数以上が持ち去られたことが、初めて分かった。

(12回続きの3回目)

【 2018年01月18日 20時28分 】

ニュース写真

  • 原爆投下から約1カ月までの広島で調査した京都帝国大調査班の論文。骨髄組織標本などを病理学教室の故天野重安助教授らが分析している
  • 広島大・原爆放射線医科学研究所が所蔵する京都大による被爆者への健康調査票(同研究所提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      国民・立民、京都滋賀で本格始動 3分裂、結集に距離感

      20180820000083

       京都と滋賀で、国民民主党と立憲民主党がそれぞれ地方組織や体制を固め、来年の統一地方選や..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ア大会、池江が2種目で首位通過
      第3日、200個メは萩野ト

      20180820000077

       ジャカルタ・アジア大会第3日(20日)競泳は予選を行い、女子で池江璃花子(ルネサンス)..... [ 記事へ ]

      経済

      抗がん剤、成果に手応え バイオベンチャー、攻めの投資

      20180820000058

       人類はがんを克服できるのではないか-。 皮膚がんの一種、悪性黒色腫(メラノーマ)治療の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      花街文化に興味津々、親子で体験催し 京都・上七軒

      20180819000076

       京都の花街の文化を夏休みの子どもたちに知ってもらおうと、「親子で楽しむ花街文化」が18..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京大管理の無人島に不法上陸やごみ投棄
      和歌山、生態系壊す恐

      20180820000052

       和歌山県白浜町の無人島「畠島」にレジャー目的で無断上陸する人が相次いでいる。畠島は海洋..... [ 記事へ ]

      国際

      台湾の蔡総統、NASAを見学
      米政府厚遇に中国反発も

      20180820000082

       【台北共同】外遊中の台湾の蔡英文総統は、経由地の米南部テキサス州でNASAジョンソン宇..... [ 記事へ ]