出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

核廃絶、NGOサリバン代表が訴え 京都外大で19日講演

「被爆者のメッセージに真剣に耳を傾けるべきだ」と話し、核廃絶を訴えるキャサリン・サリバン氏(京都市右京区)
「被爆者のメッセージに真剣に耳を傾けるべきだ」と話し、核廃絶を訴えるキャサリン・サリバン氏(京都市右京区)

 米国の高校生に被爆証言を聞かせる活動を行う非政府組織(NGO)「ヒバクシャ・ストーリーズ」のキャサリン・サリバン代表(50)の講演会が19日、京都市右京区の京都外国語大で開かれる。同組織は昨年、ノーベル平和賞を受賞した「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の構成団体の一つ。サリバン氏は講演を前に取材に応じ「被爆者のメッセージに耳を傾け、市民が核廃絶に向けた行動を起こす時だ」と呼び掛けた。

 サリバン氏は2008年から広島、長崎の被爆者を招く取り組みを始め、約3万人の高校生が悲惨な体験を聞いた。「米国では原爆投下が正しかったという誤った歴史が教えられている。核廃絶には教育から変えなければいけないと感じた」と設立動機を語り、「自分たちと同世代だった時に被爆した話を聞き、米国の高校生も心を動かされている」という。

 昨年7月、国連で核兵器禁止条約が採択された際、カナダ在住の被爆者サーロー節子さんとともに、ICANの活動に協力した。現在、同条約に批准したのは4カ国で、発効要件の50カ国にはまだ遠い。日本は署名も批准もしておらず「日本は『唯一の被爆国の責任』とよく言うが、どこで何の責任を果たしたのか。来日中のICAN事務局長の面会を断った安倍首相が真剣に向き合っているとは思えない」と批判した。

 そして「核廃絶を国や政治家任せにしてはいけない。愛すべき人を守るという個人の観点から考えるべきだ。核廃絶は簡単ではないが、まずは条約批准の声を上げてほしい、と市民に訴えたい」と語った。

 講演は午後1時45分から、森田記念講堂で。無料。「被爆者証言の世界化ネットワーク」(事務局・京都外大)などでつくる団体が主催する。連絡先は事務局075(322)6054。

【 2018年01月19日 08時00分 】

ニュース写真

  • 「被爆者のメッセージに真剣に耳を傾けるべきだ」と話し、核廃絶を訴えるキャサリン・サリバン氏(京都市右京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      国民・立民、京都滋賀で本格始動 3分裂、結集に距離感

      20180820000083

       京都と滋賀で、国民民主党と立憲民主党がそれぞれ地方組織や体制を固め、来年の統一地方選や..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ア大会、池江が2種目で首位通過
      第3日、200個メは萩野ト

      20180820000077

       ジャカルタ・アジア大会第3日(20日)競泳は予選を行い、女子で池江璃花子(ルネサンス)..... [ 記事へ ]

      経済

      抗がん剤、成果に手応え バイオベンチャー、攻めの投資

      20180820000058

       人類はがんを克服できるのではないか-。 皮膚がんの一種、悪性黒色腫(メラノーマ)治療の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      花街文化に興味津々、親子で体験催し 京都・上七軒

      20180819000076

       京都の花街の文化を夏休みの子どもたちに知ってもらおうと、「親子で楽しむ花街文化」が18..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京大管理の無人島に不法上陸やごみ投棄
      和歌山、生態系壊す恐

      20180820000052

       和歌山県白浜町の無人島「畠島」にレジャー目的で無断上陸する人が相次いでいる。畠島は海洋..... [ 記事へ ]

      国際

      台湾の蔡総統、NASAを見学
      米政府厚遇に中国反発も

      20180820000082

       【台北共同】外遊中の台湾の蔡英文総統は、経由地の米南部テキサス州でNASAジョンソン宇..... [ 記事へ ]