出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

新設の御所東小で内覧会 京都、児童増で4月開校

木材を多く取り入れた校舎を見学する住民ら(京都市上京区・御所東小)
木材を多く取り入れた校舎を見学する住民ら(京都市上京区・御所東小)

 4月に開校する京都市上京区の御所東小で24日、校舎の内覧会があり、地元住民や保護者らが真新しい設備を見学した=写真。

 同小は御所南小(中京区)の児童数増加に伴い新設が決まり、元春日小の校舎を建て替えた。内覧会は住民らでつくる開校準備会が催した。

 床や教室の間仕切りに多くの木材を使い、机や椅子の一部は市内産材を活用した。自身が春日小卒業生で、孫が御所東小に通学予定という澤田謙一さん(67)は「孫たちにいいものが引き継げた。感無量です」と話していた。

【 2018年02月24日 22時40分 】

ニュース写真

  • 木材を多く取り入れた校舎を見学する住民ら(京都市上京区・御所東小)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース