出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都の国公立大教授、78人定年退職 京大・若島正教授ら

 京都の国公立大で今月末、6大学78人の教授が定年退職する。福知山公立大の定年退職者はなかった。

 京都大では、英米現代文学が専門の若島正文学研究科教授、近現代日本の政治外交史を読み解いてきた伊藤之雄法学研究科教授、遺伝環境医学の小泉昭夫医学研究科教授、生体リズム研究の第一人者岡村均薬学研究科教授、細胞死の分子機構を解明した米原伸生命科学研究科教授、一般相対論と宇宙論を研究した佐々木節基礎物理学研究所教授。

 京都府立医科大では、付属病院長を務めた吉村了勇教授、京都市立芸術大はチェロ奏者の上村昇音楽学部教授が退職を迎える。

【 2018年03月30日 23時03分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース