出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

コウモリが周波数ずらし混信回避 同志社大チーム確認

わずかに周波数を変化させることで、超音波の混信を避けていることが分かったユビナガコウモリ(飛龍志津子教授提供)
わずかに周波数を変化させることで、超音波の混信を避けていることが分かったユビナガコウモリ(飛龍志津子教授提供)

 コウモリが集団で飛び交う際、周囲の状況を探る超音波の混信を避けるため、互いに周波数をずらしていることを確認した、と同志社大の飛龍志津子教授や大学院生の長谷一磨さんらの研究チームが発表した。混信を効率良く避ける超音波センサーの開発へ応用が期待できるといい、英学術誌に3日掲載された。

 コウモリは超音波を発して、周囲に反射した音を基に障害物などを確認している。衝突せずに集団飛行していることから、超音波の周波数を変えるなどして混信を防いでいると推測されてきたが、録音が困難で詳細は不明だった。

 研究チームは、ユビナガコウモリの背中に小型録音装置を取り付け、4匹同時に室内を飛ばす実験をした。1匹で飛ぶ場合と比べると、集団飛行時はそれぞれが超音波の最も低い周波数を2%上下させていた。この変化で自分の超音波を聞き分けているとみられるという。解析した結果、周囲の状況を探る能力を低下させず、効率的に混信を避ける方法だと分かった。

 長谷さんは「コウモリ同士の超音波の調整法を初めて確認できた。今後、脳内処理などを明らかにして、センサー技術の応用につなげたい」と話している。

【 2018年05月03日 23時26分 】

ニュース写真

  • わずかに周波数を変化させることで、超音波の混信を避けていることが分かったユビナガコウモリ(飛龍志津子教授提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      20歳成人式、京都市は継続 和装業界配慮、政令市で初表明

      20180918000136

       京都市の門川大作市長は18日の定例記者会見で、2022年の成人年齢引き下げ後も、成人式..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカーACL、鹿島が初の4強
      天津権健下す

      20180918000175

       【マカオ共同】サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は18日、マカオでホーム..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株、一時100ドル超高

      20180918000180

       【ニューヨーク共同】18日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日か..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      初心者向け「ビワイチ学校」開校へ 大津のグループ企画

      20180918000091

       琵琶湖を自転車で一周する「ビワイチ」を初心者にも楽しんでもらおうと、滋賀県内の自転車愛..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      追い込み漁で今季初捕獲、和歌山
      ハナゴンドウ4頭

      20180918000121

       和歌山県太地町で18日、町漁業協同組合の船団が、1日に解禁された小型鯨類の追い込み漁を..... [ 記事へ ]

      国際

      仏内相、19年にも辞任意向
      マクロン政権失速の印象強まる

      20180918000132

       【パリ共同】フランスのマクロン政権の有力閣僚コロン内相(71)は、南部リヨン市長への復..... [ 記事へ ]