出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

iPS細胞から免疫機能高める細胞作製 京大グループ発表

iPS細胞からヘルパーT細胞の作製
iPS細胞からヘルパーT細胞の作製

 ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、免疫細胞を活性化させるリンパ球のような働きを持つ細胞を作製したと、京都大iPS細胞研究所のグループが発表した。患者の免疫能力を高めるがん治療への応用が期待できる。米科学誌ステム・セル・リポーツに25日、掲載する。

 がん患者は免疫機能の低下が、がんの増殖の一因になると考えられている。新たな治療戦略として、リンパ球など免疫系の細胞をiPS細胞から作製し患者に移植する方法が研究されている。

 グループの金子新准教授らは、健常者の血液の細胞を、血液のがんである白血病細胞が持つ特徴的なタンパク質(抗原)と反応させ、白血病細胞の抗原を認識できるiPS細胞を作製した。

 さらにiPS細胞からリンパ球に変化させる過程で、特定の遺伝子を導入し培養条件を変化させるなど工夫。白血病細胞の抗原を認識する性質を保ったまま、リンパ球の一種で、ほかの免疫細胞を活性化させる「ヘルパーT細胞」の働きを持った細胞を作った。この細胞は、白血病細胞を攻撃するほかのリンパ球を活性化した。

 金子准教授は「さらにほかの免疫細胞の作製を試みていきたい」と話している。

【 2018年05月25日 02時00分 】

ニュース写真

  • iPS細胞からヘルパーT細胞の作製
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース