出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

猛暑警戒、終業式はエアコンある教室で 滋賀・大津の小中学校

教室で迎えた終業式で校歌を斉唱する児童(大津市・中央小)
教室で迎えた終業式で校歌を斉唱する児童(大津市・中央小)

 滋賀県内のほとんどの小中学校で20日、終業式が行われた。連日の猛暑を受けて、大津市内の小中学校では、体育館ではなくエアコン設備の整った教室で1学期を締めくくった。

 大津市の中央小では、児童252人が普段使っている教室で終業式に臨んだ。「これから校内放送で終業式をします」とアナウンスが流れた後、高岸均校長(58)が職員室のマイクに向かって話し、1学期中の児童の成長や夏休みを過ごす心構え、地震や大雨、熱中症などを振り返った。

 続いて、校内放送で“生中継”しながら「よい歯のコンクール」の表彰式をし、学年代表の7人が恒例のスピーチをした。1学期に金管バンドクラブの部長を務め、支えてくれた仲間に感謝した6年の女子児童(11)は「いつもと違う場所で緊張しました」と話した。

【 2018年07月21日 10時22分 】

ニュース写真

  • 教室で迎えた終業式で校歌を斉唱する児童(大津市・中央小)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース