出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

西田幾多郎の乱筆読み解け 京大院生ら、未公開ノートに挑む

西田幾多郎のノートの解読に取り組む林教授(右から3人目)と大学院生、研究者ら=京都市左京区・京都大
西田幾多郎のノートの解読に取り組む林教授(右から3人目)と大学院生、研究者ら=京都市左京区・京都大

 「善の研究」などで知られる哲学者西田幾多郎(1870~1945年)の未公開ノートの解読に、京都大文学研究科の大学院生や研究者が取り組んでいる。ドイツ語に英語、ギリシャ語といったさまざまな言語で書かれ、字の乱れも多い中、チームで西田の思想を追いかけ、将来的には出版を目指している。

 「トルストイのスペルの最後はyと書いているのかな」。6月上旬、同科の林晋教授の研究室に大学院生と研究者の計5人が集まった。スクリーンには、西田の直筆ノートのスキャンと、大学院生が書き起こしたデータが並んで映されている。一字一句話し合いながら読み解く、気の遠くなるような作業だ。

 未公開ノートは約50冊あり、2015年10月に西田の遺族から石川県西田幾多郎記念哲学館(かほく市)に預けられた。西田が教べんを取っていた京大もノートの解読研究に参加。18年6月までに宗教学の講義ノートなど計9冊を読み解いた。

 解読作業は2段階に分かれる。最初に大学院生が2人一組になり、1人が西田の直筆ノートのスキャンデータを読み上げ、もう一人がパソコンに打ち込む。大学院生の山口知廣さん(28)は「ページによってきれいな字の時とぐちゃぐちゃな時がある。続けているとだんだんくせが分かってきた」と話す。

 大学院生による書き起こし作業が終わった次は、研究者たちが、書き起こしデータとオリジナルを比べ正確さや解釈を議論する。日本哲学が専門の満原健さん(35)は「『善の研究』の直後の、宗教に関する思想の変化など、あまり知られていない内容がある」と、意義を説明する。

 西田のドイツ語にはつづり間違いもあるが、そのまま書き起こしている。林教授は「西田は厳しいドイツ語教師として知られていたんですけどね」と苦笑い。ノートを通して、新たな西田像も浮かぶ。「『読めないものを読む』のが京大文学研究科の伝統」と林教授。「今まで見落とされていた知見が見つかる可能性は高い」と期待する。

【 2018年08月19日 16時30分 】

ニュース写真

  • 西田幾多郎のノートの解読に取り組む林教授(右から3人目)と大学院生、研究者ら=京都市左京区・京都大
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース