出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「まわしよみ新聞」でSDGs学ぶ 滋賀の高校生が発表

SDGsに関連した「まわしよみ新聞」を作成して発表する生徒(栗東市小野・栗東高)
SDGsに関連した「まわしよみ新聞」を作成して発表する生徒(栗東市小野・栗東高)

 滋賀県の栗東高(栗東市小野)の3年生が4日、平和や気候変動、ジェンダー平等など、SDGs(持続可能な開発目標)の掲げるさまざまな目標をテーマに、新聞から記事を切り抜いて作る壁新聞「まわしよみ新聞」を作製し、公開授業で発表した。

 教育に新聞を活用するNIEの公開授業と指導力向上研修などを兼ね、県内の国語科教員や県NIE推進協議会の会員らが授業を見守った。

 生徒は10班に分かれてまわしよみ新聞を仕上げ、作製の狙いや記事を元に話し合ったことを発表した。美術科の生徒とあって、平和やパートナーシップをテーマに、トランプ米大統領、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長、安倍晋三首相の三者平和会談を漫画で描くなど、特色ある作品ができあがった。

【 2018年10月09日 11時00分 】

ニュース写真

  • SDGsに関連した「まわしよみ新聞」を作成して発表する生徒(栗東市小野・栗東高)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    教育・大学のニュース