出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

LINEが小学校プログラミング教育で協力 長岡京市と連携協定

協定を締結し、握手を交わす長岡京市教委の山本教育長(左)とLINEの江口執行役員=京都市上京区・府庁
協定を締結し、握手を交わす長岡京市教委の山本教育長(左)とLINEの江口執行役員=京都市上京区・府庁

 2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されるのを前に、京都府長岡京市と無料通話アプリを提供するLINE(ライン、東京)は28日、教材開発や授業の実践で連携する協定を締結した。19年度の2学期に市内の1校で算数や理科など12コマの授業に同教育を試験的に導入し、成果を検証する。

 協定は同市でのプログラミング教育を先進的な内容にするのが目的。19年度の1年間が主な協力期間で、来年4月から教材開発やカリキュラムの作成、教員の研修を協力して進める。2学期にモデル校で高学年を対象にLINEの社員と教諭が同教育を実践する。

 授業の内容は未定だが、例えば算数の授業でコンピューターに数値を入力して図形を描いたり、理科の授業で電子機器に簡単なプログラムを入力して作動させたりする。カードを使ってプログラミングの考え方を教えることも検討する。

 同社は今年6月、京都市内に開発拠点を開設。長岡京市が教育現場での情報機器活用に積極的だったため連携を呼び掛けた。市も市長と教育委員が議論する市総合教育会議で、学校での情報通信技術(ICT)環境の充実を確認していたため応じた。

 京都市上京区の京都府庁で会見した長岡京市教育委員会の山本和紀教育長は「12コマもの授業に活用するのは全国的に珍しく、成果が出れば20年度から他の学校にも広げたい」と述べた。LINEの江口清貴執行役員も「今回のような情報教育を進め、LINEを活用したいじめなどを減らしたい」と話した。

【 2018年11月28日 23時00分 】

ニュース写真

  • 協定を締結し、握手を交わす長岡京市教委の山本教育長(左)とLINEの江口執行役員=京都市上京区・府庁
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    教育・大学のニュース