出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「京大タテカン」今度はゲームに 撤去めぐる攻防、スマホで体感

ツイッターでタテカンゲームを紹介する「夜更けのぼっち旅団」のつぶやき。多くのリツイートやいいねを集めている
ツイッターでタテカンゲームを紹介する「夜更けのぼっち旅団」のつぶやき。多くのリツイートやいいねを集めている

 京都市の定める屋外広告物条例に違反するなどとして今年5月に規制された京都大の立て看板(タテカン)をモチーフにしたスマートフォン向けの無料ゲームが、SNSで注目を集めている。プレーヤーはタテカンを守る主人公を操作し撤去を巡る攻防を体験できる内容で、ツイッター上では「制作者のタテカン愛すごい」「普通にゲームとして面白い」と、11月の公開直後から早くも話題となっている。ゲームを開発したのは「夜更けのぼっち旅団」を名乗る団体。ちょっと危険な匂いのするネーミングセンスが、好奇心をかき立てる。「顔出しNG、匿名」を条件に、メンバーの代表という男性が京都新聞社の取材に応じた。果たして彼らの目的は-。

■記者もプレイ、武器を手に奮闘もタテカンは…

 「京大正門前が寂しかったので、タテカン防衛を楽しめるゲームを作りました。タテカン防衛したいけど、身近に守れる立て看がないあなたにぴったりのゲームとなっております」。インターネットで「タテカン防衛」と入力して検索すると、夜更けのぼっち旅団を名乗るツイッターアカウントのつぶやきがヒットした。ゲームのタイトルは「それはお前がやるんだよ」。すでに撤去されたが、以前に京大周辺に実在したタテカンにちなむ。

 取材に先立ち、記者も何度かプレイしてみた。スマートフォンの画面に表示されたスタートボタンを押すと、懐かしい感じのサウンドが流れ始める。ゲームの舞台は「京宮大学」。石垣の雰囲気や門の造り、背景の時計台やクスノキと思われる樹木など、東一条通から見た京大吉田キャンパスそのままだ。

 しばらくすると、タテカンを撤去しようとする「敵」が次々に襲いかかってきた。こちらも「武器」を手に懸命に戦うが多勢に無勢。激しい攻防の末、無念にもタテカンは撤去された。ゲーム・オーバー。

 簡単そうに見えて、やってみると結構難しい。プレイ時間に応じて得られる「当局ホイホイ」「倒れるタテカン」などのアイテムが攻略の鍵になっているようだ。

 キャラクターのデザインや背景も凝った作りで、完成度が高い。素人目で見ても相当な手間がかかっている。開発した夜更けのぼっち旅団とはいったい何者なのか。

■メンバー代表「撤去は見せしめ」「メディアに不信感」

 12月某日の夜。「顔出しNG、匿名」を条件に、夜更けのぼっち旅団の代表という男性が京都新聞社の取材に応じた。

<タテカンゲームを開発し、SNSで公開した目的を教えてください。>

 タテカン撤去から時間が経ち、学生の間でもタテカンがあったことが忘れられてきていると感じていた。あったものがなかったことになっていくのは、とても怖い。これまでにもゲームを自作したことがあったので、タテカンが並ぶ京大周辺の風景をゲームにして残したい、みんなに思い出してほしいと思って。現実のタテカンはなくなってしまったけれど、ここ(ゲーム)にあるよ、と。これまでタテカン問題に興味がなかった人たちにも、ゲームをきっかけにタテカンについて考えてもらえるとうれしい。

 「夜更けのぼっち旅団」には私のほか、現役の京大生が複数人、有志として関わっている。みんな、あんまり友達が多いタイプじゃないし、深夜に集まって活動することが多いので、「(ひとり)ぼっちが夜に集まっている」ということで、グループ名を「夜更けのぼっち旅団」に決めた。

<ツイッターで公開して以降、リツイートやお気に入り合わせて600件を超える人気です。ゲームではタテカンを撤去しようとする「敵」を武器で攻撃するなど一部過激ともいえる表現も含まれていますが、反響はありますか?>

 今のところ、ツイッターでは好意的な評価が多く、うれしく感じている。実際のタテカン撤去の現場に立ち会ったこともあるけれど、大学職員が数十人がかりで、有無を言わさず持ち去っていく。京大の「自由の学風」を象徴するタテカンを力ずくで撤去する様子は、圧政の象徴のように感じた。ゲームでも撤去の現場の空気を再現しようと、キャラクターの動きや登場する敵の数にかなりこだわった。現実には存在しないが、ゲームでは「自由」と書かれた看板も登場する。

 主人公が団体交渉を要求するという展開も一時考えたが、ちょっとゲームになりにくいので、やむなく武器で攻撃する形になった。もちろん、現実では(攻撃は)絶対だめですが…。

<京大は今年5月、京都市の屋外広告物条例に違反しているとしてタテカンを撤去し、掲示について新たな規制を設けました。京大に通う学生として、一連の「タテカン問題」をどのようにとらえていますか?>

 「タテカンは条例に違反している」「京大が京都市の指導に従った」と繰り返しニュースや新聞で報じられ、「行政の指導なら撤去されても仕方ないな」という雰囲気がつくられていったように感じた。タテカンに関する報道を見聞きするうちに、メディアに対して不信感を持つようになった。京大のタテカンは商業目的の広告とは異なり、屋外広告物条例の対象になり得るのかという疑問が今も残っている。タテカンは見せしめに使われたのではないかと思う。

 色々なタテカンが並んでいる光景は、学生の奔放さを認める京大の懐の深さを象徴していたと思う。昔に比べて稚拙なタテカンが多いという声もあるが、少なくとも「自由の学風」を象徴するという存在意義はあったし、自分自身、タテカンが並ぶ京大は学生がやりたいことを認めてくれる大学だと感じたから入学した。

 建て替えをめぐる京大吉田寮の問題とも通じるが、議論することなく京大自身が「自由の学風」をつぶしてしまうのは、大学と学生の双方の将来にとってプラスにならないと思う。

 タテカンゲームは遊びに過ぎないかもしれないが、遊びだからこそ伝えられることもある。タテカンに興味のある人もない人も、どんどん遊んでほしい。

■「自由の学風、もはや神話か」折田先生のひ孫も懸念

 京大の「自由の学風」の礎を築いたとされる旧制三高の初代校長・折田彦市のひ孫で、弁護士の折田泰宏さん(74)は「これまで続いてきたタテカンを、文化としてとらえるところに京大の良さ、京大らしさがあった。三高以来の『自由の学風』は、もはや神話になりつつあるのではないか」と憂う。京都市の屋外広告物条例を根拠とする規制については「私は法律家だけれども、法律をしゃくし定規に守るだけでは社会はどんどんつまらなくなる。行政には裁量権があり、条例があったとしてもケースバイケースで考え、対応することもできるはずだ」と疑問を呈する。

 一方で「京大のタテカンをなぜ守らなくてはならないのか、突き詰めた分析が足りていないように感じる。冷静に考えれば、これは表現の自由に関わる問題。たとえタテカンが大学の外になくなったとしても、学生一人ひとりがどんどん自由に発言や表現をしていけばいい。インターネットやSNSの利点を活かしたタテカンゲームも、表現の自由を考えるひとつの入り口として期待したい。三高の初代校長だった折田彦市はとにかく、学生を自由にした。もう一息、がんばってほしい」と話している。

【 2018年12月20日 15時30分 】

ニュース写真

  • ツイッターでタテカンゲームを紹介する「夜更けのぼっち旅団」のつぶやき。多くのリツイートやいいねを集めている
  • タテカンをテーマにしたゲームのタイトルにもなった「それはお前がやるんだよ」のタテカン(2018年5月撮影、京都市左京区・京都大吉田キャンパス)
  • 撤去前の百万遍交差点の様子。さまざまなタテカンが並んでいた(2018年5月撮影、京都市左京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース