出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京産大で入試ミス、3人追加合格 「推薦書」の評価点反映し損ね

 京都産業大は20日、先月実施した公募推薦入試の総合評価型の選抜方式で、受験生が取得した資格や文化活動の実績が記された「推薦書」の評価点を一部で合否判定に反映し損ねるミスがあり、3人を追加合格とした、と発表した。

 総合評価型では、まず教科試験と調査書の結果を300点満点に換算して合否判定。合格最低点に達しなかった受験生については、語学検定の成績や高校での課外活動などを評価点として点数化し、合格最低点との点差が評価点以内の受験生は合格としている。

 全学部で6762人が受験。5日の合格発表後に推薦書を再度チェックしたところ、63人の評価点が合否判定に反映されていないことが発覚した。再判定の結果、3人が合格していることが判明した、という。

【 2018年12月20日 18時56分 】

岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    教育・大学のニュース