出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「良い食べ方はあなたを輝かせる」 女子大生が中学生に食育冊子

市内3中学の生徒たちに食育冊子を手渡した同志社女子大の(右から)岸田さん、中尾さん=京田辺市役所
市内3中学の生徒たちに食育冊子を手渡した同志社女子大の(右から)岸田さん、中尾さん=京田辺市役所

 同志社女子大(京都府京田辺市興戸)の学生たちが、簡単に作れる朝食や弁当のレシピや、食に関するクイズを載せた中学生向けの食育冊子「Eat right,Be bright-良い食べ方は、あなたを輝かせる-」を作った。市内の全中学生に配布予定で、「食に関心を持ってもらいたい」と語る。

 同市と同大学の連携協定の一環で、生活科学部の小切間美保教授ゼミに所属して管理栄養士を目指す岸田友里さん(22)と中尾美由加さん(22)の4年生2人が編集した。

 冊子はB5判カラー35ページ。市内にある3中学の生徒会に聞き取りをしたところ、朝食と間食への関心が高かったことから、「はじめに」「朝食」「昼食」「間食」「おわりに」の5項目にまとめた。

 不足しがちな鉄やカルシウム、ビタミンを含む食材の紹介や、朝に短時間でできる「目玉焼きトースト」、缶詰を使った「さばそぼろ」、鉄やカルシウムの取れる「ごまプリン」など、料理の写真やアドバイスも添えて22品を載せた。魚の漢字クイズや、「運動後の食事は」といったQ&Aページも設けた。

 岸田さんは「普段の食を意識して、食べてみよう、作ってみようという気持ちになってもらえたら」と話した。

【 2019年02月25日 12時22分 】

ニュース写真

  • 市内3中学の生徒たちに食育冊子を手渡した同志社女子大の(右から)岸田さん、中尾さん=京田辺市役所
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース