出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都の夜間定時制高、78年の歴史に幕 最後の卒業生が巣立ち

卒業式に臨む鴨沂高定時制の卒業生(京都市上京区)
卒業式に臨む鴨沂高定時制の卒業生(京都市上京区)

 78年の歴史がある鴨沂高(京都市上京区)の夜間定時制が本年度末で終了する。このほど行われた卒業式と閉制式では10~70代の生徒10人が巣立ち、名残を惜しんだ。

 「失われた10年を取り戻し、余りある高校生活だった」。1日に同高で行われた卒業式で、男性(29)=上京区=は卒業生代表として感慨を込めて語った。

 中学生の時に学校になじめず引きこもりになった。卒業後はアルバイトをして過ごし、25歳の時に友人とともに入学。昼はバイト、夜は勉学に励んだ。「学校では年上なので責任感も感じた。これからリーダーシップを発揮して仕事に向き合いたい」と語った。

 卒業生の最年長の女性(75)=左京区=。中学卒業後、家庭の事情で高校に行けず、繊維関連の仕事に就いた。会社で男女の学歴格差を感じていたため、70歳で仕事を辞めて入学した。「4年間楽しかった。学んだ英語を、海外に行って生かせたら」と話した。

 同高定時制の開設は1941(昭和16)年。働く青少年の進学熱を受けて始まり、50~70年ごろは毎年100人を超える卒業生がいたが、入学希望者の減少で廃止が決まった。

 式典後、「灯(あか)りの下で学びし我ら 夜学の歴史 永遠に」と刻まれた記念碑の除幕式も校内で行った。生徒や教員、OBらで夜間に集い学んだ日々を思い起こし、互いの成長を誓い合った。

■背景に勤労青少年の減少

 近年、夜間の定時制高は減少傾向にある。勤労青少年が減っているためだ。不登校や発達障害など特別な支援が必要な生徒の受け入れが増え、そうしたニーズに応える通信制高校に生徒が流れていることも背景にある。

 このため定時制高のあり方は変化している。京都府教育委員会は15年、多様な生徒に対応する昼間定時制の清明高(京都市北区)を開校した。京都市教委も西京高(中京区)と伏見工業高(伏見区)の夜間定時制を再編・統合し、21年に昼間・夜間の新たな定時制高を同工業高内に開設する予定だ。

 一方で、夜間定時制の廃止を惜しむ声もある。鴨沂高定時制のOB男性(33)は「仕事を終わって顔を合わせる楽しみがあった。夜だから来たという子もいた。夜間制も残ってほしい」と訴えた。

【 2019年03月19日 11時00分 】

ニュース写真

  • 卒業式に臨む鴨沂高定時制の卒業生(京都市上京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース