出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

中学生92人の個人情報書類紛失 修学旅行先、保護者電話番号も

 京都府亀岡市教育委員会は13日、南桑中の男性教諭(55)が修学旅行中、3年生92人分の氏名や保護者の携帯電話番号など個人情報の記された書類を紛失した、と発表した。

 市教委によると、修学旅行は9~11日まで東京都や千葉県内を訪れた。教諭は生徒を引率中だった10日午後4時半ごろ、都内で書類の入ったケースの紛失に気付いた。警察に届け出たが、まだ発見されていない。

 紛失したケースには、食物アレルギーなど生徒57人分の健康情報を記した書類や、生徒1人の健康保険証コピーも含まれていた。悪用された事例は確認されていない、という。

 会見した神先宏彰教育長は「保護者に深くおわびし、再発防止に全力を尽くす」と謝罪した。

【 2019年05月14日 11時15分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース