出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「高学歴が活躍すると限らない」 偏差値脱却説く日電産・永守氏

永守理事長が日本の教育の問題点について持論を語った講演会(京都市左京区・ロームシアター京都)
永守理事長が日本の教育の問題点について持論を語った講演会(京都市左京区・ロームシアター京都)

 全国高等学校PTA連合会大会京都大会の記念講演会が23日、京都市左京区のロームシアター京都で開かれ、日本電産会長で京都先端科学大の永守重信理事長が、大学の偏差値とブランドを重視した教育からの脱却を訴えた。

 講演で、永守理事長は会社経営の経験をもとに「高学歴の人材が社会で活躍しているとは限らない」と指摘し、「偏差値やブランドではなく、何をやりたいかで大学を選ぶべき」と語った。

 また、大学にはグローバル化する社会に役立つ人材育成が求められているとし、「英語と専門分野の教育に加え、礼儀作法などの人間教育に力を入れるべき」と強調。学生が学業で多くを身に付けられるよう、教員も質の高い授業に向けて工夫すべきだと述べた。

 同大会は同区のみやこめっせとロームシアター京都で22日から2日間開催され、全国の高校からPTAの関係者が参加した。

【 2019年08月24日 21時08分 】

ニュース写真

  • 永守理事長が日本の教育の問題点について持論を語った講演会(京都市左京区・ロームシアター京都)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    教育・大学のニュース