出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

複数人の心拍、同時に計測 京大などセンター開発

左側のレーダー装置から電波を出し、体表面の動きを読み取り2人の心拍間隔を計測する(京都市左京区・京都大)
左側のレーダー装置から電波を出し、体表面の動きを読み取り2人の心拍間隔を計測する(京都市左京区・京都大)

 体に装置を付けずに複数人の心拍数を同時に計測できるセンサーを、京都大とパナソニックが共同開発し、26日発表した。1台のセンサーで最大約10人の計測が原理的には可能で、保育所や病院での見守りなどに使えるという。

 両者はこれまでに、心臓の鼓動による1ミリ以下の体表面の動きをレーダーで捉えて心拍数を計測するセンサーを開発している。従来は1台のセンサーで1人の計測が限界だったが、今回、センサーに搭載しているレーダーを高性能化することで、複数人の同時計測が可能になった。人同士の間隔が約15センチ以上離れていれば、レーダーの電波が届く範囲内では計測ができるという。

 26日に京都市左京区の京大で行われた試作機の実演では、センサーから0・8メートルと1・3メートルそれぞれ離れ、50センチの間隔を空けて着席している2人の心拍間隔(心拍数)の計測ができた。開発グループの佐藤亨京大情報学研究科教授は「センサーの小型化も実現している。照明装置に埋め込むこともできるので、日常の健康管理や見守りに使える」と話している。

 少子高齢化が進む中で持続可能な社会づくりを目指す研究を支援する国の「COIプログラム」の一環で開発した。

【 2017年09月26日 22時40分 】

ニュース写真

  • 左側のレーダー装置から電波を出し、体表面の動きを読み取り2人の心拍間隔を計測する(京都市左京区・京都大)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      違法投稿の浜松市議辞職
      アダルト動画で小遣い稼ぎ

      20180817000101

       浜松市議会事務局の契約するインターネット回線などを使い、アダルト動画を含む動画の違法投..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      池江選手と挑む東京の金 五輪2大会出場、競泳三木コーチ

      20180817000096

       競泳男子個人メドレーでシドニー、アテネの2大会連続で五輪に出場した大津市出身の三木二郎..... [ 記事へ ]

      経済

      米中協議、22日から2日間
      米紙、摩擦解消は不透明

      20180817000016

       【ワシントン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は16日、米国と中国の事務レ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大文字から点火、故人しのぶ 京都で「五山送り火」

      20180816000186

       お盆に迎えた先祖の霊を送る「五山送り火」が16日夜、京都市内の各山で営まれた。山腹の文..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「藩校」記憶求めて 京都・舞鶴、9月に府内初のサミット

      20180815000202

       江戸時代に各地の藩が藩士の子弟教育のために設立した「藩校」。そのゆかりの地で開かれてき..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      すかいらーく、プラストロー廃止
      2020年までに

      20180817000097

       すかいらーくホールディングスは17日、海外を含むグループ全店で使用しているプラスチック..... [ 記事へ ]