出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

手話ロボット、大阪の中学生開発
言葉を翻訳、世界大会へ

 人の言葉を手話に翻訳するロボットを開発した追手門学院大手前中学のチーム。右端はリーダーの辰巳瑛さん=20日、大阪市
 人の言葉を手話に翻訳するロボットを開発した追手門学院大手前中学のチーム。右端はリーダーの辰巳瑛さん=20日、大阪市

 大阪市の追手門学院大手前中学のチームが、人の言葉を手話に翻訳するロボットを開発した。9月に東京で開かれたコンテストの国内大会で最優秀賞を獲得、11月には世界大会に挑む。リーダーで3年の辰巳瑛さん(14)は「両親が聴覚に障害があり、手話が使えない人でも耳の不自由な人と交流しやすくしたかった」と話す。

 ロボットは高さ約50センチ、幅約25センチ、重さ約3キロで、人の指先から腕の部分の形をしている。辰巳さんらロボットサイエンス部の1~3年生5人が、オリジナルのロボットが作れる部品が入った市販のキットに、音声受信用のタブレット端末を組み合わせて製作した。

【 2017年10月24日 16時31分 】

ニュース写真

  •  人の言葉を手話に翻訳するロボットを開発した追手門学院大手前中学のチーム。右端はリーダーの辰巳瑛さん=20日、大阪市
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      川遊びの小3男児死亡
      大阪・大和川で流される

      20180923000114

       23日午後4時15分ごろ、大阪市と堺市との間を流れる大和川で小学生の男児3人が溺れ、う..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、堂安がフル出場
      オランダ1部リーグ

      20180923000154

       【フローニンゲン(オランダ)共同】サッカーのオランダ1部リーグで23日、フローニンゲン..... [ 記事へ ]

      経済

      イラン供給減の対策見送り
      産油国、6月増産合意確認

      20180924000003

       【ロンドン共同】石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟の産油国は、協調減産の状況を点..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      黄金色の稲穂、刈り取り奉納 滋賀・多賀大社「抜穂祭」

      20180923000117

       滋賀県多賀町の多賀大社で23日、神田の稲を収穫する「抜穂祭(ぬいぼさい)」が行われた。..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      築100年吉田寮、どう活用? 京大でシンポ

      20180923000113

       築100年を超す京都大吉田寮の老朽化対策や学生寮以外の活用法について考えるシンポジウム..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      チンパンジー知性、どう探る 京大と連携、動物園が展示

      20180923000026

       動物と接することができるのは大自然の中だけではない。京都大野生動物研究センターは京都市..... [ 記事へ ]