出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都の紅葉から千年超の気温分析 低温期や温暖化影響

日記などから推定する10月の平均気温
日記などから推定する10月の平均気温

 京都の紅葉(カエデ)の見頃は過去1千年超の中でどう変化してきたか。大阪府立大の青野靖之准教授(農業気象学)は、平安貴族の日記などを分析し、紅葉の時期に関係する秋の気温推定を進めている。見頃が早い年が多かった15世紀半ばや19世紀初頭は低温期だったとみられ、太陽活動が周期的に弱かった影響も考えられる。戦後は見頃が遅くなる傾向があり、温暖化の影響が大という。

 「西山の辺り、紅葉を見る」。999年10月28日(太陽暦換算)の藤原道長の御堂関白記には、こう記されている。1226年11月7日の藤原定家の明月記には「紅葉之盛」とある。

 こうした日記や明治以降の新聞を基に、918~2012年の間で計503年分の紅葉日データを収集。具体的には(1)紅葉の盛り(2)紅葉を見た(3)紅葉した枝を進上した-記述と、(4)紅葉が詠まれた詩歌を集めた。同じ年に複数の記述がある場合は、盛りを明記した(1)から順に選んだ結果、(1)236年分(2)203年分(3)28年分(4)36年分が得られた。

 15世紀と17~20世紀は50年超のデータが集まり、紅葉日は11月16日の前後10日間を中心に推移した。

 さらに、まだ温暖化の影響が少なかった1896~1925年に実際に観測された気温と紅葉日の関係を基に、それ以外の時代でも紅葉日から気温を推定できる数式を作成。10月の推定平均気温をグラフ化した。

 おおむね14~17度台で推移する中、15世紀半ばと19世紀初頭に比較的低温期がみられ、それぞれ太陽活動が周期的に弱まった「シュぺーラー極小期」「ドルトン極小期」にあたるという。

 また、戦後は見頃が11月下旬になる年が増え、「都市のコンクリート化などによる温暖化の影響」とみる。

 青野准教授は、京都のヤマザクラの満開日なども分析し、春の気温の変遷を推定。紅葉と同様、太陽活動が弱まると気温が低くなる傾向があったという。「1千年前からの日記が脈々と残る京都でしかできない調査。太陽活動の盛衰がこれだけデータ的に現れるとは予想外だった」と話す。

 過去の紅葉日などのデータは同研究室のホームページhttp://atmenv.envi.osakafu-u.ac.jp/aono/で公開している。

【 2017年11月03日 12時10分 】

ニュース写真

  • 日記などから推定する10月の平均気温
  • 青野靖之准教授
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      木津川堤防で雑草火災 京都、野焼きが延焼か

      20180821000021

       20日午前11時30分ごろ、京都府京田辺市東青上の木津川左岸の堤防のり面から火が出てい..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ゴルフ、畑岡は15位で変わらず
      世界ランキング

      20180821000006

       女子ゴルフの20日付最新世界ランキングが発表され、日本勢トップの畑岡奈紗は15位で前週..... [ 記事へ ]

      経済

      米大統領、FRBの利上げに不満
      成長鈍化を警戒

      20180821000015

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は20日、米国の中央銀行に当たる米連邦準備制度理事会..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      花街文化に興味津々、親子で体験催し 京都・上七軒

      20180819000076

       京都の花街の文化を夏休みの子どもたちに知ってもらおうと、「親子で楽しむ花街文化」が18..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「不登校は不幸じゃない」 全国一斉イベント、経験者ら語る

      20180820000018

       「不登校は不幸じゃない」と題した全国一斉イベントが19日あり、滋賀県内でも趣旨に賛同し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS血小板「1年以内の輸血目指す」 京大、安全性に重点

      20180820000151

       iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った血小板を血液の難病患者に輸血する臨床研究を厚生..... [ 記事へ ]