出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

新望遠鏡「君の名は?」  京大が愛称募集

新たな望遠鏡が稼働する予定の京大の岡山天文台(岡山県浅口市)=京大提供
新たな望遠鏡が稼働する予定の京大の岡山天文台(岡山県浅口市)=京大提供

 京都大は、岡山県で来年度から観測を始める国内最大の天体望遠鏡の愛称を募っている。京大では現在7個の望遠鏡が稼働するが、愛称を募集するのは初めて。担当者は「キラキラネームから渋い名前まで、力作を待っています」と期待する。

 新望遠鏡は、岡山県浅口市の京大の岡山天文台に設置。口径3・8メートルと東アジアでも最大級となる。小さな鏡を組み合わせて大きな反射鏡を作るなど、日本初の技術を詰め込んだ。ブラックホールが重力波を放出する時に伴う爆発現象などを観測する計画という。総工費は約20億円で、教員らも製作に関わり10年がかりで完成させた。

 京大の他の天文台では、観望会などを通してアマチュア天文家と交流を重ねてきた歴史がある。新型望遠鏡にも市民に愛着を持ってほしいと願い、愛称募集を決めたという。

 応募は12月20日まで。結果発表は来年3月を予定し、採用された人に記念品を贈る。さらに抽選で1人を開所式に招待する。詳細は「京都大学3・8m望遠鏡」のウェブサイトで確認できる。

 昨年は、彗星(すいせい)が重要な役割を果たすアニメ「君の名は。」が大ヒット。運命の人の名をモチーフにした物語が、星空への思いをかき立てた。公募を担当する理学研究科の野上大作准教授は「実際の宇宙観測もアニメに負けず面白い。ぜひ私たちの名前探しにも協力して」と呼びかける。

【 2017年11月05日 11時47分 】

ニュース写真

  • 新たな望遠鏡が稼働する予定の京大の岡山天文台(岡山県浅口市)=京大提供
  • 愛称を募集する京大の新型望遠鏡。反射鏡はまだ搭載していない(岡山県浅口市)=京大提供
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      希少種のゲンゴロウ盗難か、山梨
      水槽で展示中の5匹

      20180922000081

       里山の昆虫や植物を観察できる山梨県北杜市の市オオムラサキセンターで22日までに、展示中..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      D4―2中(22日)
      DeNAが4連勝

      20180922000090

       DeNAが今季3度目の4連勝とした。一回は筒香の37号3ランで先制。3―2の二回は大和..... [ 記事へ ]

      経済

      鴨川沿い「鮒鶴」でチョコイベント 「夏のなごり」テーマに

      20180922000086

       洋菓子製造販売のマールブランシュを運営するロマンライフ(京都市山科区)は25日午後5時..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      多様な性、見て考えて 関西クィア映画祭開幕、京都は10月

      20180922000061

       性をテーマに国内外の作品を集めた「関西クィア映画祭」(実行委主催)が22日に大阪府豊中..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      室戸台風、校舎倒壊の恐怖語る 京都の小学校で90歳女性

      20180921000187

       室戸台風の襲来から84年目となる21日、校舎倒壊で多数の犠牲者が出た京都府、滋賀県の小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      こうのとり打ち上げへ準備
      宇宙ステーションに物資輸送

      20180922000043

       宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は22日、国際宇宙ステーションに物資を運ぶ..... [ 記事へ ]