出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「高性能トランジスタ」三村氏らに京都賞

授賞式でメダルをかけられ、祝福を受けるリチャード・タラスキン・米カリフォルニア大バークレー校名誉教授ら(10日午後3時50分、京都市左京区・国立京都国際会館)
授賞式でメダルをかけられ、祝福を受けるリチャード・タラスキン・米カリフォルニア大バークレー校名誉教授ら(10日午後3時50分、京都市左京区・国立京都国際会館)

 科学と文明の発展、精神の深化への貢献をたたえる「第33回京都賞」の授賞式が10日、京都市左京区の国立京都国際会館で催された。情報通信社会を支える高性能のトランジスタを開発した三村高志・富士通研究所名誉フェロー(72)=先端技術部門=ら3人が祝福を受けた。

 ほかの受賞者は、植物の光合成の機能モデルを考案したグレアム・ファーカー・オーストラリア国立大特別教授(69)=基礎科学部門=と、音楽史研究と批評で音楽観を変革させたリチャード・タラスキン・米カリフォルニア大バークレー校名誉教授(72)=思想・芸術部門。

 式では井村裕夫・稲盛財団会長からメダルと賞金5千万円が3人にそれぞれ贈呈され、会場を埋め尽くした1250人が盛大な拍手を送った。

 衛星放送のアンテナなどに使われる電子部品「高電子移動度トランジスタ(HEMT)」を発明した三村氏は受賞のあいさつで「一人の力では、なし遂げられなかった。諸先輩やたくさんの共同研究者に感謝したい」と語った。

 京都賞は稲盛財団が創設し、1985年に始めた。

【 2017年11月10日 23時17分 】

ニュース写真

  • 授賞式でメダルをかけられ、祝福を受けるリチャード・タラスキン・米カリフォルニア大バークレー校名誉教授ら(10日午後3時50分、京都市左京区・国立京都国際会館)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース