出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

無人ロボット稲刈り機が走行実験
衛星「みちびき」利用

 無人自動ロボットコンバインの走行実験=22日午後、京都府木津川市
 無人自動ロボットコンバインの走行実験=22日午後、京都府木津川市

 準天頂衛星「みちびき」の位置情報を利用し、自動で稲を刈り取る技術を実用化しようと、京都大の飯田訓久教授(農業機械学)らのチームが開発した無人自動ロボットコンバインの走行実験が22日、京都府木津川市の農場で公開された。

 これまで米国が運用する衛星利用測位システム(GPS)などの情報を使った農機はあったが、高精度な位置情報を得るには一定の距離ごとに高価なアンテナなどを建てる必要があった。今年10月までに日本が打ち上げたみちびき1~4号機を利用すれば、誤差の小さな位置情報が得られるためアンテナが不要で、コスト削減が期待できる。

【 2017年11月22日 18時23分 】

ニュース写真

  •  無人自動ロボットコンバインの走行実験=22日午後、京都府木津川市
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      川遊びの小3男児死亡
      大阪・大和川で流される

      20180923000114

       23日午後4時15分ごろ、大阪市と堺市との間を流れる大和川で小学生の男児3人が溺れ、う..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、堂安がフル出場
      オランダ1部リーグ

      20180923000154

       【フローニンゲン(オランダ)共同】サッカーのオランダ1部リーグで23日、フローニンゲン..... [ 記事へ ]

      経済

      イラン供給減の対策見送り
      産油国、6月増産合意確認

      20180924000003

       【ロンドン共同】石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟の産油国は、協調減産の状況を点..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      黄金色の稲穂、刈り取り奉納 滋賀・多賀大社「抜穂祭」

      20180923000117

       滋賀県多賀町の多賀大社で23日、神田の稲を収穫する「抜穂祭(ぬいぼさい)」が行われた。..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      築100年吉田寮、どう活用? 京大でシンポ

      20180923000113

       築100年を超す京都大吉田寮の老朽化対策や学生寮以外の活用法について考えるシンポジウム..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      チンパンジー知性、どう探る 京大と連携、動物園が展示

      20180923000026

       動物と接することができるのは大自然の中だけではない。京都大野生動物研究センターは京都市..... [ 記事へ ]