出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ノーベル賞田中さん「道半ば、さらに研究を」 大隅さんと講演

自身が所長を務める研究所の創立15周年で会見する田中耕一氏(左)と、講演者として招かれた大隅良典氏(京都市中京区)
自身が所長を務める研究所の創立15周年で会見する田中耕一氏(左)と、講演者として招かれた大隅良典氏(京都市中京区)

 ノーベル化学賞受賞者の田中耕一・島津製作所シニアフェロー(58)が9日、所長を務める同社の「田中耕一記念質量分析研究所」の創立15周年を機に京都市内で記者会見し、「血液1滴で病気の診断をするという目標は道半ば。さらに研究を頑張りたい」と意欲を語った。

 同研究所は、田中氏が2002年にノーベル化学賞を受賞したことを受け03年1月に設立された。受賞業績となったタンパク質の質量分析手法を応用し、病気の早期診断手法の開発などに取り組んでいる。

 田中氏は会見で、この15年間で研究所が40以上の研究機関・企業と連携して96本の論文を発表したことを報告し、「産学官の連携の大切さを知った。来年には新研究棟も完成し、外部との共創の加速が期待できる」と語った。

 この日は田中氏の記念講演会もあった。ノーベル医学生理学賞受賞者の大隅良典・東京工業大栄誉教授も招かれて同席し、「生物学の研究において、できそうもないことができるのは質量分析技術のおかげ。研究所がさらなる成果を挙げることを願っている」とエールを送った。

【 2018年02月09日 22時52分 】

ニュース写真

  • 自身が所長を務める研究所の創立15周年で会見する田中耕一氏(左)と、講演者として招かれた大隅良典氏(京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      阪神2軍選手が避難所訪問
      岡山・真備、被災者と交流

      20180820000200

       プロ野球阪神の2軍選手ら35人が20日、西日本豪雨で被災した岡山県倉敷市真備町地区の避..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バスケ買春「非常に残念」
      OCA会長、処分は評価

      20180820000197

       【ジャカルタ共同】アジア・オリンピック評議会(OCA)のアハマド会長は20日、ジャカル..... [ 記事へ ]

      経済

      シドニーで和牛商談会
      豪向け輸出17年ぶり再開

      20180820000147

       【シドニー共同】オーストラリア向けの生鮮牛肉の輸出が17年ぶりに再開されたことを受け、..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      花街文化に興味津々、親子で体験催し 京都・上七軒

      20180819000076

       京都の花街の文化を夏休みの子どもたちに知ってもらおうと、「親子で楽しむ花街文化」が18..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「不登校は不幸じゃない」 全国一斉イベント、経験者ら語る

      20180820000018

       「不登校は不幸じゃない」と題した全国一斉イベントが19日あり、滋賀県内でも趣旨に賛同し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京大管理の無人島に不法上陸やごみ投棄
      和歌山、生態系壊す恐

      20180820000052

       和歌山県白浜町の無人島「畠島」にレジャー目的で無断上陸する人が相次いでいる。畠島は海洋..... [ 記事へ ]