出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

揺さぶられっ子、虐待疑い慎重に 法学者や医師ら指摘

揺さぶられっ子症候群と虐待の関係を検証し直す必要性を議論したシンポジウム(京都市南区・龍谷大響都ホール)
揺さぶられっ子症候群と虐待の関係を検証し直す必要性を議論したシンポジウム(京都市南区・龍谷大響都ホール)

 子どもを激しく揺さぶることで脳に損傷が生じるとされる「揺さぶられっ子症候群(SBS)」の科学的妥当性を検証するシンポジウムが10日、京都市南区の龍谷大響都ホールで開かれた。法学者や医師らが事故などで同様の損傷が生じる事例を基に、虐待を疑う際には慎重さが必要と指摘した。

 SBSは、虐待を裏付ける根拠とされるが、欧米では因果関係を疑問視する声も出ている。日本でもSBSを改めて考えようと、同大学犯罪学研究センターが開催した。

 甲南大の笹倉香奈教授は1970年代にSBSの仮説が提唱され、90年代の欧米では、仮説を根拠に虐待が立件されるようになったと説明。一方で90年代から欧米では、SBSの科学的信頼性への批判が起こっているとして「日本の医師や弁護士も海外の現状を知る必要がある」と話した。

 米ウィスコンシン大のキース・フィンドレイ准教授は、米国の小児科学会が2009年に、事故や病気もSBSのような損傷の原因になるという見解を出したことを紹介。「子どもは虐待されるべきではない。同時に無実の人が刑務所に送られるべきでもない」と述べた。

【 2018年02月11日 10時27分 】

ニュース写真

  • 揺さぶられっ子症候群と虐待の関係を検証し直す必要性を議論したシンポジウム(京都市南区・龍谷大響都ホール)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      雌の赤ちゃんパンダ誕生、和歌山
      呼吸浅く保育器に

      20180815000076

       和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は15日、飼育するジャイアントパ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      興南0―7木更津総合
      木更津総合が快勝

      20180815000081

       投打のかみ合った木更津総合が快勝した。先発の野尻は制球がよく、八回途中無失点。2番手の..... [ 記事へ ]

      経済

      日ペルー、TPP早期発効へ連携
      リマで外相会談

      20180815000020

       【リマ共同】河野太郎外相は14日、ペルーの首都リマでポポリシオ外相と会談し、日本とペル..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      豪快6千発の花火、夜空彩る 京都南丹市花火大会

      20180815000039

       京都南丹市花火大会が14日、同市八木町の大堰橋一帯で開かれた。昨年よりも約1千発多い約..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      放課後児童や独居高齢者の「なかよし食堂」 京都・福知山

      20180814000040

       放課後に1人で過ごす子どもや独居の高齢者らの居場所を作ろうと、京都府福知山市のNPO法..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      環境省、放射性物質の汚染土紛失
      11年に宅配後保管

      20180814000090

       環境省は14日、東京電力福島第1原発事故後の2011年11月に宅配便で送付され、省内で..... [ 記事へ ]