出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

揺さぶられっ子、虐待疑い慎重に 法学者や医師ら指摘

揺さぶられっ子症候群と虐待の関係を検証し直す必要性を議論したシンポジウム(京都市南区・龍谷大響都ホール)
揺さぶられっ子症候群と虐待の関係を検証し直す必要性を議論したシンポジウム(京都市南区・龍谷大響都ホール)

 子どもを激しく揺さぶることで脳に損傷が生じるとされる「揺さぶられっ子症候群(SBS)」の科学的妥当性を検証するシンポジウムが10日、京都市南区の龍谷大響都ホールで開かれた。法学者や医師らが事故などで同様の損傷が生じる事例を基に、虐待を疑う際には慎重さが必要と指摘した。

 SBSは、虐待を裏付ける根拠とされるが、欧米では因果関係を疑問視する声も出ている。日本でもSBSを改めて考えようと、同大学犯罪学研究センターが開催した。

 甲南大の笹倉香奈教授は1970年代にSBSの仮説が提唱され、90年代の欧米では、仮説を根拠に虐待が立件されるようになったと説明。一方で90年代から欧米では、SBSの科学的信頼性への批判が起こっているとして「日本の医師や弁護士も海外の現状を知る必要がある」と話した。

 米ウィスコンシン大のキース・フィンドレイ准教授は、米国の小児科学会が2009年に、事故や病気もSBSのような損傷の原因になるという見解を出したことを紹介。「子どもは虐待されるべきではない。同時に無実の人が刑務所に送られるべきでもない」と述べた。

【 2018年02月11日 10時27分 】

ニュース写真

  • 揺さぶられっ子症候群と虐待の関係を検証し直す必要性を議論したシンポジウム(京都市南区・龍谷大響都ホール)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース