出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

マイワシ、30年ぶりの豊漁 京都、理由分からず

記録的な豊漁が続くマイワシ。漁港は連日水揚げ作業に追われている(27日午前9時15分、京都府伊根町平田・伊根漁港)
記録的な豊漁が続くマイワシ。漁港は連日水揚げ作業に追われている(27日午前9時15分、京都府伊根町平田・伊根漁港)

 京都府の日本海沿岸で、マイワシが記録的な豊漁となっている。27日だけで144トン(速報値)が府内で水揚げされ、昨年の年間漁獲量の4トンを大幅に上回った。漁業関係者は「こんなに捕れるのは30年ぶりだ」と驚いている。

 府内のマイワシの漁獲量は1980年代後半をピークに減り続け、近年はほとんど捕れていなかった。今年は伊根町内の伊根漁港と新井崎漁港の定置網で、19日からまとまった量が捕れるようになり、27日は舞鶴市でも水揚げされた。

 府海洋センターによると、同沿岸では連日数十トンを水揚げし、この日までに655トン(速報値)を記録。近年では比較的豊漁と言われた2013年の637トンを超えた。マイワシの日本海沖での資源状態は変化していないが、府内で今年急増している理由は不明という。

 伊根漁港では27日朝、「伊根浦漁業」の従業員らが約60トンの水揚げに追われた。パートの永濱多恵子さん(65)は「漁が増えて港が活気づくのはいいことですね」と話す。

 庶民の魚として親しまれるイワシの豊漁は、料理店や消費者も歓迎している。宮津市内で「いわし鮨(ずし)」を提供する「すし小銭」の従業員安達勤さん(43)は「仕入れ値が下がり、地元産で鮮度の良いものを使って提供できる」と喜ぶ。

 スーパーのさとう宮津店では、1パック6~7匹を300円前後で販売。通常より3割ほど安く、2倍以上の売れ行きという。主婦岩間啓子さん(50)=与謝野町=も「青魚で栄養があり、これだけの量を安く食べられるのはうれしい」と話した。

【 2018年02月27日 23時00分 】

ニュース写真

  • 記録的な豊漁が続くマイワシ。漁港は連日水揚げ作業に追われている(27日午前9時15分、京都府伊根町平田・伊根漁港)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      安倍首相、トランプ氏と夕食会
      NY到着、貿易議論も

      20180924000005

       【ニューヨーク共同】安倍晋三首相は23日午後(日本時間24日午前)、国連総会出席のため..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、長谷部リーグ戦初出場
      ドイツ1部

      20180924000010

       【フランクフルト(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグで、アイントラハト・フランク..... [ 記事へ ]

      経済

      イラン供給減の対策見送り
      産油国、6月増産合意確認

      20180924000003

       【ロンドン共同】石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟の産油国は、協調減産の状況を点..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      黄金色の稲穂、刈り取り奉納 滋賀・多賀大社「抜穂祭」

      20180923000117

       滋賀県多賀町の多賀大社で23日、神田の稲を収穫する「抜穂祭(ぬいぼさい)」が行われた。..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      築100年吉田寮、どう活用? 京大でシンポ

      20180923000113

       築100年を超す京都大吉田寮の老朽化対策や学生寮以外の活用法について考えるシンポジウム..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      チンパンジー知性、どう探る 京大と連携、動物園が展示

      20180923000026

       動物と接することができるのは大自然の中だけではない。京都大野生動物研究センターは京都市..... [ 記事へ ]