出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

iPS培養を低コストで 京都大が開発、化合物3種使用

 ヒトiPS(人工多能性幹細胞)の培養にかかるコストを大幅に抑える新技術を、京都大物質―細胞統合システム拠点の長谷川光一講師らのグループが開発し、6日に英科学誌ネイチャー・バイオメディカル・エンジニアリングで発表する。iPS細胞を使った再生医療や新薬開発の費用の削減につながる成果という。

 iPS細胞を体細胞から作製したり、増やしたりするのに使う培養液は現在、1リットル当たり5万~13万円で販売されている。従来品が高価である要因は、微生物などを使って作製する必要があるタンパク質を複数含んでいるためで、これらのタンパク質を使わなくて済むようにすることが低価格化への鍵だった。

 グループは、従来品に含まれるタンパク質のうち、細胞の増殖と多能性の維持に効果のあった2種類の機能を、免疫抑制剤のタクロリムスなど3種類の低分子化合物で置き換えることに成功した。これら3種類はタンパク質に比べると製造が非常に容易で、2種類のタンパク質の代わりに用いると培養液の材料費を1リットル当たり計約8千円に抑えることも可能という。

 長谷川講師は「今回見つけた低分子化合物を用いた培養液の安全性や耐久性をさらに詳しく調べていきたい」と話している。

【 2018年03月06日 01時10分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      認知症への理解訴え、京都でメモリーウォーク

      20180921000181

       世界アルツハイマーデーの21日、認知症の家族や支援者ら約80人の参加する「認知症メモリ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      陸上女子1万メートル、一山は7位 全日本実業団対抗選手権

      20180921000196

       陸上の全日本実業団対抗選手権は21日、ヤンマースタジアム長居で開幕し、女子1万メートル..... [ 記事へ ]

      経済

      客室にアート作品、浴室に「イラ」採用 京都に新ホテル開業

      20180921000164

       京都市中京区河原町通三条下ルのボウリング場「京劇ドリームボウル」跡地に完成した宿泊施設..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の寺社に人出戻る 台風21号襲来、境内復旧も進む

      20180921000072

       台風21号の襲来から2週間以上がたち、復旧が進んだ京都の寺社で3連休には拝観再開が相次..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      室戸台風、校舎倒壊の恐怖語る 京都の小学校で90歳女性

      20180921000187

       室戸台風の襲来から84年目となる21日、校舎倒壊で多数の犠牲者が出た京都府、滋賀県の小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      多彩な模様、遺伝子で決まり
      テントウムシの羽で特定

      20180921000163

       テントウムシの一種「ナミテントウ」の多彩な羽の模様は、「パニア」と呼ばれる一つの遺伝子..... [ 記事へ ]