出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

琵琶湖の外来水草、台風で拡散か 滋賀県、大量繁茂を警戒

琵琶湖全景(大津市石山上空から北方を望む)
琵琶湖全景(大津市石山上空から北方を望む)

 琵琶湖で大量繁茂する特定外来生物の水草オオバナミズキンバイが、昨年10月の台風21号の影響で、従来と異なる場所に拡散した可能性が出ている。湖岸に漂着したごみに混ざって切れ端が発見され、滋賀県は「成長が非常に早く、新たな群落が同時多発的に形成されないか注視したい」と警戒している。

 台風21号は風が強く、琵琶湖では高波と水位上昇が起きた。直後に県職員が南湖の湖岸を巡回すると、群落からちぎれたオオバナミズキンバイの断片が複数見つかった。県は、他にも漂着した恐れがあるとみている。

 成長期を過ぎて枯れ始めた時期のため、断片が大規模群落(面積100平方メートル以上)まで拡大するかは不明。目視できるサイズになり、影響が分かるのは春から夏になるという。

 県が懸念するのは、新たに10カ所以上で群落が同時発生するケース。県自然環境保全課は「駆除が間に合わなければ、定着を許してしまう」と気をもむ。県や市町などで構成する「琵琶湖外来水生植物対策協議会」は2018年度、従来は群落がなかったエリアも巡回対象に広げ、監視を強める。

 オオバナミズキンバイの生育面積は15年度末に県内で20ヘクタールあったが、駆除を進め16年度末に13ヘクタールに減少。県は17年度末ではさらに削減が進むと想定している。

【 2018年03月14日 08時44分 】

ニュース写真

  • 琵琶湖全景(大津市石山上空から北方を望む)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      人生ゲーム、初の全国大会
      発売50周年記念、115人参加

      20180922000111

       日本一の強運は誰だ―。タカラトミーは22日、人気商品「人生ゲーム」の発売50周年を記念..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      フィギュア紀平、シニア初戦でV
      オンドレイ・ネペラ杯

      20180923000011

       フィギュアスケートの国際大会のオンドレイ・ネペラ杯は22日、スロバキアのブラチスラバで..... [ 記事へ ]

      経済

      鴨川沿い「鮒鶴」でチョコイベント 「夏のなごり」テーマに

      20180922000086

       洋菓子製造販売のマールブランシュを運営するロマンライフ(京都市山科区)は25日午後5時..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      多様な性、見て考えて 関西クィア映画祭開幕、京都は10月

      20180922000061

       性をテーマに国内外の作品を集めた「関西クィア映画祭」(実行委主催)が22日に大阪府豊中..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      室戸台風、校舎倒壊の恐怖語る 京都の小学校で90歳女性

      20180921000187

       室戸台風の襲来から84年目となる21日、校舎倒壊で多数の犠牲者が出た京都府、滋賀県の小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      政府、遺伝子治療の実用化推進
      研究支援や規制緩和で

      20180922000109

       政府は22日までに、欧米でがんや難病の新しい治療薬として承認される例が相次いでいる遺伝..... [ 記事へ ]