出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

太陽の黒点の位置、小学生らグラフ化 京大、約3年かけ

太陽黒点の発生緯度を時系列で表した「バタフライダイアグラム」。京大花山天文台を訪れた小学生らがシールを貼って作った
太陽黒点の発生緯度を時系列で表した「バタフライダイアグラム」。京大花山天文台を訪れた小学生らがシールを貼って作った

 太陽の黒点の位置をグラフ化した「バタフライダイヤグラム」を、京都大理学研究科付属天文台と京都市教育委員会が見学に訪れた子どもたちの協力を得て約3年がかりで完成させた。チョウの羽に似ていることから名付けられたグラフで、天文学の体験学習のモデルとして期待を集めている。28日に福岡市で開かれる「世界天文コミュニケーション会議」で報告される。

 黒点は、太陽の表面を観測した時に黒い点のように見える部分で、太陽活動の活発性と比例するとも考えられている。花山天文台は2004年から、太陽観測用の望遠鏡を使ってスケッチによる観測活動を続けている。

 バタフライダイヤグラムは黒点が発生した太陽における緯度を時系列で示したグラフ。同天文台は13年度から京都市教委との連携事業として市内の小学生や高校生の体験学習を受け入れており、学びの一環として15年度からダイヤグラムの作成を始めた。黒点1個分の観測結果をカードにして児童生徒ら天文台の見学者に手渡し、グラフ上の該当する位置にシールを貼ってもらうという方法で、このほど04~17年の約1400点を示したグラフができた。

 黒点の数は11年周期で増減を繰り返し、できる位置は高緯度から低緯度へと移るとされ、完成したバタフライダイヤグラムにはその特徴がくっきりと浮かび上がっている。企画を担当した鴨部麻衣・花山天文台技能補佐員は「黒点の変化は今も解明されていない。ダイヤグラムの作成を、太陽の謎に迫る人材の育成につなげたい」と話している。

【 2018年03月28日 13時49分 】

ニュース写真

  • 太陽黒点の発生緯度を時系列で表した「バタフライダイアグラム」。京大花山天文台を訪れた小学生らがシールを貼って作った
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      希少種のゲンゴロウ盗難か、山梨
      水槽で展示中の5匹

      20180922000081

       里山の昆虫や植物を観察できる山梨県北杜市の市オオムラサキセンターで22日までに、展示中..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      D4―2中(22日)
      DeNAが4連勝

      20180922000090

       DeNAが今季3度目の4連勝とした。一回は筒香の37号3ランで先制。3―2の二回は大和..... [ 記事へ ]

      経済

      鴨川沿い「鮒鶴」でチョコイベント 「夏のなごり」テーマに

      20180922000086

       洋菓子製造販売のマールブランシュを運営するロマンライフ(京都市山科区)は25日午後5時..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      多様な性、見て考えて 関西クィア映画祭開幕、京都は10月

      20180922000061

       性をテーマに国内外の作品を集めた「関西クィア映画祭」(実行委主催)が22日に大阪府豊中..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      室戸台風、校舎倒壊の恐怖語る 京都の小学校で90歳女性

      20180921000187

       室戸台風の襲来から84年目となる21日、校舎倒壊で多数の犠牲者が出た京都府、滋賀県の小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      こうのとり打ち上げへ準備
      宇宙ステーションに物資輸送

      20180922000043

       宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は22日、国際宇宙ステーションに物資を運ぶ..... [ 記事へ ]