出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

水路に魚道「魚のゆりかご」取り組み広がる 滋賀・野洲

水路にせきを取り付ける参加者ら。水位を上げることで湖魚が水田に遡上しやすくなる(滋賀県野洲市須原)
水路にせきを取り付ける参加者ら。水位を上げることで湖魚が水田に遡上しやすくなる(滋賀県野洲市須原)

 滋賀県野洲市須原で活動する環境団体「せせらぎの郷(さと)」が10年間続けてきた「魚のゆりかご水田プロジェクト」が、広がりを見せている。魚のゆりかごは、田んぼに琵琶湖の在来魚を導き、産卵させる取り組み。地元農家が環境に優しい農業に取り組むだけでなく、地元の小学校や都市部の住民を次々に巻き込み、琵琶湖を取り巻く環境への意識を高めている。

 かつて須原には道路の代わりに水路が縦横に走り、子どもが水路で捕まえた魚が食卓に上っていた。人と湖が共生していた関係を取り戻して次代に引き継ごうと、60~70代の農家が中心となり、せせらぎの郷が発足した。

 プロジェクトは2008年に始まり、農家は農薬を減らした米作りに力を入れるようになった。09年からは「田んぼオーナー制度」を導入して、都市部の住民を田植えや稲刈りに呼び込んでいる。13年からは収穫したコシヒカリでつくる地酒「月夜のゆりかご」を喜多酒造(東近江市)と一緒に開発。地元児童も魚の観察会などに参加し、身近な環境問題への関心を深めている。

 11年目の今年は、13ヘクタールの水田で取り組む予定。13日には地元の農家や企業の従業員、滋賀県立大と大阪産業大の学生ら約40人が集まり、水路に魚道を設置。魚を田んぼに導くため、水位が高くなるよう水路4カ所にせきを設けた。代表の堀彰男さん(69)は「10年間で、年々環境意識は高まっている。今年の田植え体験は申し込みが多くて、断らないといけないほど」とうれしい悲鳴を上げていた。

 収穫したゆりかご米や地酒はホームページで購入できる。

【 2018年04月15日 23時02分 】

ニュース写真

  • 水路にせきを取り付ける参加者ら。水位を上げることで湖魚が水田に遡上しやすくなる(滋賀県野洲市須原)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      組織見直し「不断に検討」と首相
      自民行革推進本部の提言受け

      20180921000081

       安倍晋三首相は21日、自民党の行政改革推進本部(甘利明本部長)がまとめた提言を官邸で受..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ヤンキース田中、五回途中5失点
      レッドソックス戦

      20180921000079

       ▽ヤンキース―レッドソックス(20日・ニューヨーク) ヤンキースの田中は先発して4回0/..... [ 記事へ ]

      経済

      新型アイフォーン発売 京都のアップル直営店でも行列

      20180921000078

       米アップルは21日、新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)ⅩS(テンエス)」..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の寺社に人出戻る 台風21号襲来、境内復旧も進む

      20180921000072

       台風21号の襲来から2週間以上がたち、復旧が進んだ京都の寺社で3連休には拝観再開が相次..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      プラごみ削減へ途上国支援
      G7閣僚合意、再利用促進

      20180921000051

       【ハリファクス(カナダ)共同】カナダ東部ハリファクスで開催中の先進7カ国(G7)環境・..... [ 記事へ ]