出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

DNAから容易に年齢推定 京都府警科捜研が新手法

唾液や血液のDNAから年齢を推定する手法を考案した濱野研究員(京都市上京区・京都府警本部)
唾液や血液のDNAから年齢を推定する手法を考案した濱野研究員(京都市上京区・京都府警本部)

 京都府警科学捜査研究所(京都市上京区)の若手研究員が、犯行現場に残された血液や唾液のDNAから簡単に年齢を推定できる新たな鑑定手法を考案した。従前より安価な費用で短時間に解析できるといい、府警は「事件発生直後の犯人像の絞り込みも可能」と実用化に期待を寄せている。

 法医担当の濱野悠也専門研究員(31)が考案した。DNAには加齢により構造が変化する特徴がある。濱野研究員は、人と動物の違いを見分ける際に日常的に使用していた「融解分析」の手法を活用。DNAの二重らせん構造を高温下でほどくことで、加齢による変化を容易に解析することに成功した。

 たばこの吸い殻に付着した唾液など微量な遺留物でも鑑定できる。費用は1回数百円で、解析時間も半日ほど。誤差は平均6歳程度にとどまるという。

 DNAによる年齢推定はこれまでから、国内の限られた研究機関で行われていた。しかし、数十万円の費用が必要で、結果が出るまでに約1週間かかるなど実用化には課題が多かった。

 濱野研究員は科捜研勤務のかたわら、京都大大学院で、法医学の権威玉木敬二教授の指導の下、年齢推定の研究を続けてきた。研究成果は昨年9月に英科学誌に掲載され、今年3月には府警職員として初の医学博士号を取得した。

 濱野研究員は「ドラマ『科捜研の女』に憧れ、今の仕事を志した。今後も、捜査の現場で活用される技術の精度を高めたい」と話している。

【 2018年06月09日 17時00分 】

ニュース写真

  • 唾液や血液のDNAから年齢を推定する手法を考案した濱野研究員(京都市上京区・京都府警本部)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      聖火リレー、非公開でルート審議 滋賀県「中身言えない」

      20180925000184

       2020年東京五輪の聖火リレーで滋賀県内を通るルート案を協議する県実行委員会が25日に..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      中4―7ヤ(25日)
      ヤクルトが逆転勝ち

      20180925000220

       ヤクルトが逆転勝ちで3連勝を飾った。2―4の九回1死二、三塁から大引と坂口の適時打で追..... [ 記事へ ]

      経済

      日本、自動車関税の凍結主張
      米は貿易赤字削減要求、閣僚級

      20180925000165

       【ニューヨーク共同】日米両政府は米ニューヨークで25日朝(日本時間25日夜)、茂木敏充..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      11月に新開場、南座に櫓上がる 京都、大提灯も新調

      20180925000195

       耐震改修のため3年近く休館している南座(京都市東山区)が、11月1日初日の顔見世で新開..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      日本最古、学生寮の暮らしは? 退去期限迫る京大吉田寮

      20180924000059

       現存する国内最古の学生寮とされる京都大吉田寮(京都市左京区)の先行きが不透明になってい..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ネパール家屋の耐震技術開発へ
      金網で手軽に補強、防科研など

      20180924000072

       防災科学技術研究所(茨城県つくば市)と千葉大のチームが、2015年のネパール大地震で多..... [ 記事へ ]