出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

イナゴ入り洋菓子マカロン「ミルクっぽい味」 京都で試食体験

昆虫入りのお菓子を試食し、「けっこうおいしい」と驚く子どもたち(京都市南区・イオンモールKYOTO)
昆虫入りのお菓子を試食し、「けっこうおいしい」と驚く子どもたち(京都市南区・イオンモールKYOTO)

 自然保護や生物多様性の大切さを学ぶイベント「京都ネイチャーフェスティバル」が5日、京都市南区のイオンモールKYOTOで開かれた。多くの親子連れが訪れ、生き物の展示や工作体験などを楽しんだ。

 身近な自然に親しんでもらおうと、府が初めて催した。

 「五感で感じる生物多様性」のブースでは、鴨川にすむドジョウなどの生き物の展示や、コオロギなどの昆虫が入ったお菓子の試食が行われた。「夏休みの自由研究」コーナーでは、押し花を使ったしおり作りや、河原の石に絵を描く体験などがあり、子どもたちが順番待ちの列をつくる人気ぶりだった。

 その他、府立植物園による食虫植物をテーマにした講演や、外来生物に関するクイズもあった。

 イナゴ入りマカロンを食べた御蔵山小2年の女児=宇治市=は「初めて虫を食べたけどミルクっぽい味でおいしかった」と笑顔を見せた。

【 2018年08月06日 09時44分 】

ニュース写真

  • 昆虫入りのお菓子を試食し、「けっこうおいしい」と驚く子どもたち(京都市南区・イオンモールKYOTO)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース