出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

墓地に毒グモ300匹、大量の卵も 滋賀・野洲市が駆除

 滋賀県野洲市は16日、同市北桜と南桜の市さくら墓園で、毒を持つセアカゴケグモ約300匹と卵を発見し、駆除したと発表した。

 同墓園では11日と13日、水おけ置き場や側溝でセアカゴケグモ2匹が見つかったため、市職員が墓園内全ての側溝を調べたところ、15日までに成虫約300匹と大量の卵を確認した。市は側溝を中心に薬剤散布を行い、張り紙で参拝者に注意を呼び掛けている。

【 2018年08月16日 16時20分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース