出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

男性はどう父親になる? 京大、妊婦のパートナー募る

男性はどのようにして「父親」になっていくのか
男性はどのようにして「父親」になっていくのか

 パートナーの女性の妊娠後、男性はどのようにして「父親」になっていくのか-。その間の男性の脳と心の動きを調べる研究を、京都大教育学研究科の明和政子教授らのグループが10月から始める。協力してくれる妊婦と胎児の父親を募集している。

 父親の赤ちゃんに対する感情や振る舞いがいつ、どのように変化していくのかや、その個人差を明らかにするため実施する。

 研究に協力する男性は、パートナーが妊娠3~5カ月、出産1カ月前、産後4カ月のころの計3回、子育てに関する映像を見るなどする。調査では、その時の男性の脳の活動を磁気共鳴画像装置(MRI)で計測する。ホルモン値を調べる唾液採取と質問は女性にも行う。

 同グループは、育児に関わる親なら男女に共通して多く見られる脳と心の働きを「親性(しんせい)」と呼んでいる。明和教授は「親性のメカニズムを明らかにすることで、父親の育児参加を促す支援をいつ始めるべきかなどを特定できる可能性がある」と期待する。

 調査は、左京区の京都大医学部南部総合研究1号館で実施する。協力の申し出や問い合わせは、専用のメールアドレスakachanlab2018@gmail.comへ。

【 2018年09月19日 16時30分 】

ニュース写真

  • 男性はどのようにして「父親」になっていくのか

    環境・科学のニュース