出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

本庶佑氏とは

本庶佑氏
本庶佑氏

 本庶 佑氏(ほんじょ・たすく)1942年、京都市生まれ。66年京大医学部卒。71年3月に同医学研究科修了後、米カーネギー研究所客員研究員、米国立衛生研究所客員研究員、東京大助手などを経て79年12月に大阪大教授、82年から京大教授。96年から4年間、医学部長、医学研究科長を務めた後、2002年10月から04年9月まで再び同職を務めた。04年から日本学術振興会学術システム研究センター所長。05年3月に京大を定年退職し、同年4月から医学研究科寄付講座(免疫ゲノム医学講座)特任教授を務め、現在は京大特別教授。静岡県公立大学法人理事長などを歴任し、現在は神戸医療産業都市推進機構の理事長を務める。

 一連の研究成果に対し、81年に野口英世記念医学賞、84年に木原賞、85年にベルツ賞、88年に武田医学賞、92年にベーリング北里賞、94年に上原賞、96年に恩賜賞・日本学士院賞を受賞し、2000年に文化功労者に選ばれた。01年から米国科学アカデミー外国人会員、03年からドイツ自然科学者アカデミー・レオポルディナ会員。12年に国際的医学賞であるロベルト・コッホ賞に選ばれ、13年に文化勲章を贈られた。16年の「第32回京都賞」を受賞した。

【 2018年10月01日 18時27分 】

ニュース写真

  • 本庶佑氏
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース