出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

電話で受賞連絡「突然で驚いた」 ノーベル賞本庶氏会見速報②

ノーベル医学生理学賞の受賞が決まり、記者会見する本庶佑・京都大特別教授(1日午後7時32分、京都市左京区・京都大)
ノーベル医学生理学賞の受賞が決まり、記者会見する本庶佑・京都大特別教授(1日午後7時32分、京都市左京区・京都大)

 ノーベル医学生理学賞が贈られることになった、本庶佑・京都大特別教授の1日午後7時20分からの記者会見記者との質疑応答の要旨は次の通り。

 -受賞の連絡は何時ごろでしたか? 

 「午後5時前後だったかと思う。電話でノーベル財団の知っている先生から。突然だったので大変驚きました。私の部屋で若い人たちと論文の構成について議論している時だった。

もちろん大変うれしく思った。そのうちの一人は茶本健司准教授。もう一人はポスドクの人。2人とも驚いて興奮している様子だった」

 -がん免疫療法の今後の発展は?

 「この治療法は、たとえ話としては感染症におけるペニシリンの段階。ますます効果が(がんの症状が)ひどい人に及び、効かない人がなぜ効かないのかといった研究が必要。いずれはそういうことが解決され、感染症がほぼ大きな脅威でなくなったのと同じような日が遅くとも今世紀中に来ると思う」

 -ノーベル賞の受賞を、だれに伝えましたか?

 「家族、教室関係の人などには連絡した。いずれにしても思いがけないことでしたので、そういう趣旨のことを話した。家族からは『おめでとう』『うれしい』といわれた」

 -研究のモットーは?

 「自分に何か知りたいという好奇心がある。簡単に信じない。ネイチャー、サイエンスに出ているものの9割はうそで、残るのは1割というふうにいっている。まず論文とか書いてあることを信じない。自分の目で確信できるまで、自分の頭で考えて納得いくまでやる」

 -小中学生に

 「研究者になるには一番重要なのは、何か不思議だなと思う心を大切にすること。教科書に書いていることを信じない。常に疑いを持って、本当はどうなっているのかという心を大切にする。自分の目でものを見る。そして納得する。そこまであきらめない。そういう小中学生が研究の道を志してほしい」

【 2018年10月01日 20時40分 】

ニュース写真

  • ノーベル医学生理学賞の受賞が決まり、記者会見する本庶佑・京都大特別教授(1日午後7時32分、京都市左京区・京都大)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース