出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

野生動物の違法取引対策を議論
ゾウやサイ密猟、80カ国連携

 11日、野生動物の密猟、違法取引対策を議論する会議で演説するウィリアム英王子=ロンドン(ゲッティ=共同)
 11日、野生動物の密猟、違法取引対策を議論する会議で演説するウィリアム英王子=ロンドン(ゲッティ=共同)

 【ロンドン共同】象牙やサイの角などを狙った野生動物の密猟、違法取引対策を議論する会議が11日、ロンドンで開かれた。英政府の主催で約80カ国の代表が参加。英王室のウィリアム王子が演説で「違法取引は深刻な組織犯罪だ。私の子どもたちが20代になるまでに野生のゾウやサイが絶滅しているかもしれないと考えると心が痛む」と訴え、対策強化を求めた。

 会議には政府首脳や学識者、非政府組織(NGO)関係者らが参加。12日までの日程で、密輸業者に対する処罰の強化など密輸市場の根絶に向けた取り組みを協議する。

【 2018年10月12日 09時41分 】

ニュース写真

  •  11日、野生動物の密猟、違法取引対策を議論する会議で演説するウィリアム英王子=ロンドン(ゲッティ=共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース