出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京大の災害救助ロボが国際競技会V 操縦性や器用さ最高点  

京都大の大学院生らでつくるチームが開発した「FUHGA2」。京都大の松野教授(左から2人目)や東北大の多田隈准教授(右から2人目)らの研究も生かされている(15日午前11時6分、京都市西京区・京都大桂キャンパス)
京都大の大学院生らでつくるチームが開発した「FUHGA2」。京都大の松野教授(左から2人目)や東北大の多田隈准教授(右から2人目)らの研究も生かされている(15日午前11時6分、京都市西京区・京都大桂キャンパス)

 京都大の大学院生らのグループが開発した災害時救助支援ロボットが、東京で開かれたロボットの国際大会「World Robot Summit2018」で優勝した。15日、京都市西京区の京大桂キャンパスで報道陣に公開され、メンバーは「性能の高さをアピールできた」と喜びを語った。

 ロボットは「FUHGA2(フウガツー)」。長さ70センチ、幅50センチ、重さ約35キロで、最長120センチまで伸びるアームや、障害物や落下物を感知するセンサーを搭載。危険で人が入れない災害現場で、人命救助の支援に当たることが想定されている。

 ロボット工学が専門の松野文俊京大工学研究科教授(61)とロボット機構学を研究する多田隈(ただくま)建二郎東北大准教授(39)の研究室の院生、宇治市の電子機器製造「JOHNAN」でつくるチーム「SHINOBI(シノビ)」が開発した。松野教授の研究室で昨年つくった初代のフウガから、材質を変えて10キロ軽量化。多田隈准教授の研究成果をアームのグリップに生かし、物をつかんだりバルブを回したりする性能を高めた。

 9カ国の19チームが参加した、災害対応の標準的な性能を競う部門で優勝した。操縦性や器用さなどの項目の合計点で最高得点をマークした。チームリーダーの京大大学院生竹森達也さん(24)は「力を合わせて良いロボットができた。災害時だけでなく日常的な点検などでも使われるようになってほしい」と話す。初代フウガはすでに災害現場で支援活動に当たった実績があり、松野教授は「災害現場は倒壊物などがあり、ロボットが活動するのは難しい。防じん、防水含め、改善していきたい」と見据えた。

【 2018年11月15日 19時45分 】

ニュース写真

  • 京都大の大学院生らでつくるチームが開発した「FUHGA2」。京都大の松野教授(左から2人目)や東北大の多田隈准教授(右から2人目)らの研究も生かされている(15日午前11時6分、京都市西京区・京都大桂キャンパス)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    環境・科学のニュース