出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

iPSでがん攻撃するT細胞作製 京大、免疫療法に応用期待

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)から、がんだけを選んで攻撃する免疫細胞「キラーT細胞」を作製することに成功したと、京都大iPS細胞研究所のグループが発表した。がんの第4の治療法として注目されている「がん免疫療法」への応用が期待できるという。米科学誌セル・ステム・セルに16日、掲載する。

 グループはこれまで、がん免疫で重要な役割を果たすキラーT細胞をiPS細胞から作ろうとしてきたが、本来のキラーT細胞と性質が若干異なるなど課題があった。

 同研究所の金子新准教授と南川淳隆研究員らは、肝臓がんの患者のT細胞からiPS細胞を作製。そこにステロイドホルモンを加えるなど工夫して、がんに反応する特徴を持ったキラーT細胞を作ることに成功した。さらにゲノム編集の技術を活用して、より正確にがん細胞だけを攻撃するようにできた。

 また、拒絶反応を起こしにくいドナーより作ったiPS細胞から、白血病などのがんだけを攻撃するキラーT細胞の作製にも成功した。いずれの手法でも、マウスの実験でがんの増殖を抑えられたという。

 がん免疫療法の開発を巡っては、がん治療薬「オプジーボ」の開発に関わった京大の本庶佑(ほんじょたすく)特別教授が今年のノーベル医学生理学賞に決まった。金子准教授は「iPS細胞を使ったがん免疫療法が確立した場合、オプジーボなどほかの手法と併用することになると思う」と話した。

【 2018年11月16日 01時00分 】

岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    環境・科学のニュース