出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

免疫療法の可能性熱く 「幸運だった」本庶さんノーベル賞講演

 【ストックホルム報道部】ノーベル医学生理学賞を受賞する本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授(76)が7日午後(日本時間7日深夜)、スウェーデン・ストックホルムのカロリンスカ研究所で受賞記念講演を行った。がん治療に革新をもたらしたタンパク質PD1の発見に至る道のりを時にユーモアを交えて話し、「私は幸運だった」と何度も口にした。ゆったりとしながらも力強い口調で、がん免疫療法の持つ可能性の大きさを強調した。

 「獲得免疫の驚くべき幸運」と題して講演。少年時代に、野口英世にあこがれて医学の道を志すようになったと回想し、京都大に入学してから恩師である故早石修・京大名誉教授に出会ったことを振り返った。早石氏については「国際的な環境を作り上げてくれた」と感謝した。その後、米国に渡って免疫学に焦点を当てるようになったと述べ、多くの研究者に出会い刺激を受けたことを説明した。

 帰国後のPD1に関する研究については、石田靖雅・奈良先端科学技術大学院大准教授や湊長博・京大副学長などの共同研究者の名前を写真入りで紹介。当初は機能が不明だったPD1が、T細胞の免疫機能の抑制に関わっていることを発見し、さらにがん治療に応用できると見極めていった過程を振り返った。次々と新たな発見を続けていく中で「私はいつも幸運だった」と話し、会場から温かな笑いを誘った。

 ただPD1抗体による治療でも、患者によって効果に違いがあり、背景を見極める必要性を説明。治療効果を強める手法を開発している現状も解説した。

 PD1以外でも、体内に侵入した病原体を認識する抗体の多様性に関する研究を紹介。抗体を多様に作り替えるタンパク質AIDの解明に注力してきたことを述べた。AIDとPD1の2つのタンパク質が、免疫システムに大きく関わっている点も指摘した。

 さらにがん免疫療法の発展によって、「がんは完全には消えないだろうが、いつの日かコントロールでき、慢性疾患の一つになる」と述べ、将来への希望を力強く訴えた。進化の過程で脊椎動物が得たT細胞などの関わる獲得免疫について「幸運にもがん細胞を認識できる」と述べた上で、「進化のもたらしたボーナスに違いない」と生命の不思議さを語った。講演の最後には、聴衆が立ち上がって拍手を送り、偉業をたたえた。

【 2018年12月08日 08時07分 】

岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    環境・科学のニュース