出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

琵琶湖のミステリー、過去10年で外来魚最少 ブルーギル寿命?

琵琶湖の外来魚の推定生息量
琵琶湖の外来魚の推定生息量

 滋賀県は17日、琵琶湖に生息する外来魚の2017年の推定生息量が722トンと、過去10年で最少になったと明らかにした。減少の理由ははっきりしないといい、詳しい調査を進めている。

 推定生息量の内訳はブルーギル519トン、オオクチバス202トン。いずれも同一基準で推計した07年以降、最少になった。

 県は減少の要因について、12年に大量繁殖したブルーギルが寿命を迎えていることや、16年の駆除が順調だったことなどが背景にあるとみている。

 漁業者による外来魚の駆除量も今年は激減しており、12月3日現在で67トンと、16年(164トン)の半分以下、07年の8分の1にとどまっている。ブルーギルの幼魚の割合が増えたことや、小型の魚が多いと捕獲効率が低下して漁業者が駆除作業に出る日数が減ったことなどが要因とみられている。

 ただ、今年は16年春に大量に生まれたブルーギルが成長し、駆除量が増える見込みだった。県は外来魚の生息場所が変化した可能性もあるとして、県漁業協同組合連合会と協力し実態調査を行っている。

【 2018年12月18日 10時00分 】

ニュース写真

  • 琵琶湖の外来魚の推定生息量
  • 外来魚釣り大会で市民が釣り上げたブルーギルやブラックバス(昨年7月、守山市内) 
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    環境・科学のニュース